Googleアナリティクス4を約6割が導入済み 一方約2割がUAのサポート終了を知らず【ナイル調査】

SNSマーケティング

 マーケティングDX事業、自動車産業DX事業を営むナイル株式会社は、全国のマーケティング従事者、ウェブサイト担当者218名を対象に、Googleアナリティクス4(GA4)の導入状況に関するアンケート調査を実施した。

 調査の結果、GA4の導入率57.8%と半数以上の企業でGA4導入が進んでいることが判明した。

 導入した人の約8割が「使いやすい」と回答しているほか、未だGA4導入を検討中の人は、約8割が半年以内での導入を検討をしていることがわかった。

サイト分析を自社で行っている人は48.2%

サイト分析を自社で行っているかについての調査結果

 アンケート回答者218名のうち、サイト分析を「自社で行っている」人は48.2%、「外部委託している」人が31.2%となった。

Googleアナリティクス(UA)がサポート終了することを「知らない」人が17.9%

Googleアナリティクス(UA)のサポート終了の認知率の調査結果

 続いて、現在のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)が2023年7月1日(有償版は10月1日)にサポート終了することを「知らない」と回答した人が17.9%と、全体の約2割に上った。

2022年7月のGoogleアナリティクス4(GA4)導入率57.8%

Googleアナリティクス4(GA4)導入状況の調査結果

 Googleアナリティクス4(GA4)の導入率は57.8%で、そのうち「すでにGA4を導入しており、UAと併用している」が33%と最も多くなっている。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査期間:2022年7月21日~23日
  • 調査方法:自社調査(インターネット調査)
  • 調査対象:全国の20代~40代男女「マーケティング従事者・Webサイト担当者」218人
  • 年齢:20~29歳 34.8%、30~39歳 50.2%、40~49歳 14.9%
  • 職業:会社員81%、経営者/役員5.9%、公務員5.4%、自営業4.1%、自由業1.8%、その他1.8%

【関連リンク】