無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

EC事業者の約9割が動画活用で売り上げアップ 約6割は売上1.3倍増【サムシングファン調査】

 株式会社サムシングファンは、卸売・小売・製造業のEC/DtoC担当者110名を対象に、EC事業の動画活用に関する実態調査を実施した。

 調査の結果、動画活用により87.3%が売上向上し、そのうち約6%は1.3倍向上したことがわかった。

 また、売上向上の要因として、約7割が「購買意欲の訴求」、約5割が「情報伝達力の高さ」と回答した。

 まず、EC事業における動画を活用するためのプラットフォームに、半数以上が「自社ECサイト」や「越境ECサイト」を採用していることが判明した。

EC事業で動画を活用しているプラットフォームの調査結果

 動画に盛り込んでいる情報としては、「商品の性能や品質」が55.5%で最多となり、次いで「インフルエンサーを活用したプロモーション動画」が53.6%となった。

マーケティング用の動画に盛り込んでいる情報の調査結果

 また、ほとんどの企業が動画の活用により売上向上を実感しており、その中でも約6割は売上が「1.3倍以上」向上している実態が明らかとなった。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査概要:EC事業の動画活用に関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年6月23日〜同年6月24日
  • 有効回答:卸売・小売・製造業のEC/DtoC担当者110名

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料