無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

海外BtoBビジネスを行う企業の年間売上、3割近くが20億円以上【ぺイオニア・ジャパン調査】

 デジタルコマースの世界的パートナーであるPayoneer Inc.の日本法人、ペイオニア・ジャパン株式会社は、日本における海外BtoBビジネスの状況について、実際に海外BtoBビジネスを行っている企業の社長、役員・部長クラスの方(一般社員以外)を対象に調査を実施した。

 調査の結果、コロナ禍や世界情勢、円安などの課題はあるものの、海外BtoBビジネスを行っている企業の26.4%が年間売上20億円以上であることがわかった。

企業の年間売上高の調査結果

 また、海外取引の方法については輸出入が50.9%で、輸入のみという企業も約3割という結果になった。

企業の海外取引の方法についての調査結果

 海外ビジネスを始めてからの期間については、5年以上の企業が約半数の49.7%となり、課題はコロナ、世界情勢、円安などが挙げられた。

企業の海外ビジネスをはじめてからの期間についての調査結果

 調査概要は以下の通り。

  1. 調査方法:ゼネラルリサーチ株式会社のモニターを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:ゼネラルリサーチ社登録モニターのうち、海外BtoBビジネスを行っている企業の社長、役員・部長クラスの方(一般社員以外)を対象に実施
  3. 有効回答数:1,004人
  4. 調査実施期間:2022年6月7日(火)~2022年6月8日(水)

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料