無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

Yahoo! JAPAN、トレジャーデータと連携しデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」を来春提供開始

 ヤフー株式会社は、トレジャーデータ株式会社と連携し、新たなデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross(ヤフー・データ・クロス)」を2023年春頃に提供開始する。

 これにより、企業はより深い顧客インサイトの抽出やレポートの作成、分析結果をもとにした有効な広告配信の実施が可能となる。

Yahoo! Data Xross

 昨今のサードパーティークッキーの規制や「改正個人情報保護法」の施行、iOS14.5における計測環境の変化などにより、企業のマーケティングのあり方が大きく変化している。

 企業は顧客のプライバシー保護を前提としながら、自社サービス内で顧客との接点を築き、その企業内に散在する顧客データを統合・分析・活用していくことで、顧客とのエンゲージメントを強固にする体制を構築することが、これまで以上に求められている。

 これらの背景を受けて、Yahoo! JAPANが保持するデータを用いた分析などができるデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」の開発を開始した。

 同サービスでは、トレジャーデータが保有する顧客データ基盤「Treasure Data CDP」内に格納されたデジタル広告やメール配信、アプリプッシュ通知の履歴などの顧客データを、プライバシー保護を最重視した安全な環境で取り扱うことが可能となる。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料