無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ネットショッピングにおける初見ブランドの判断材料、「口コミの評価」が最多 企業より商品重視の傾向

「初めて目にする企業の商品(サービス)について、信頼性が上がった要因」の調査結果グラフ

 アットフリークは、企業ブランドに関する認識についてのインターネット調査結果を公表した。ネットショッピングをする20歳以上の男女438名に行ったもので、初めて目にするブランドの信頼性が上がった要因についての質問では「口コミの評価が良かったから」という回答が60.4%、「Webサイトがしっかりしていたから」が56.2%を占めており、口コミ対策やWebサイトの改善がブラインドイメージに影響するということがわかった。

 初めて見る企業の商品やサービスについて気になるポイントを問う設問では、商品やサービスの「機能や性能」という回答が71.2%と最多。「企業ブランドの信頼性」という回答も33%にのぼっており、ブランドの信頼性向上も無視できない要因となっている。

 

「初めて目にする企業の商品を検討する際に気になるポイント」調査結果グラフ

 また初めて目にするブランドの購入の決め手については、「Webサイトの品質」が55.9%、「口コミの評価」が54.2%と、多くの消費者が口コミやWebサイトの情報を判断材料としていることが判明した。

「初めて目にする企業の商品購入やサービス導入の決め手となった理由」回答グラフ

 こうした調査結果について、アットフリークは「インターネット経由での商品購入・情報収集の際は、企業よりも商品が重視される傾向にあるため、ブランドの信頼性のほかに商品の機能や品質を高めることで売り上げアップにつながるでしょう」とコメントしている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料