無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ベンチャー企業のマーケティング担当者、半数以上が「広告よりもPRを重視」【IDEATECH調査】

 内最速級のリサーチPR「リサピー®️」(https://research-pr.jp/)を運営する株式会社IDEATECHは、ベンチャー企業(従業員数50名以下)のマーケティング担当者105名を対象に「ベンチャー企業のPR・広告施策の実態」に関する実態調査を実施した。

 調査の結果、マーケティング施策として半数以上が「広告」より「PR」を重視していることがわかった。

 まず、予算について、 広告予算は「100万円以上」の企業が約4割、一方PR予算は「100万円以上」が26.6%と、広告の方が大きな予算が必要なことがわかった。

企業の広告予算の調査結果

企業のPR予算の調査結果

 また、マーケティング施策として半数以上が「広告」より「PR」を重視していると回答した。

重視しているマーケティング施策についての調査結果

 「PR」は「長期的な自社のブランディングに繋がる」ことがメリットとして挙げられ、「広告」は「購買(CV)に直結する」ことがメリットとして挙げられた。

PRのメリットについての調査結果

広告のメリットについての調査結果

 また、約7割が今後(今以上に)PRに注力する意向を見せ、多くから戦略PR手法として有効な、リサーチをPRに活かす手法について興味を示す結果となった。

今後PRに注力したいかの調査結果

 調査概要は以下の通り。

  • 調査概要:「ベンチャー企業のPR・広告施策の実態」に関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年6月22日〜同年6月24日
  • 有効回答:ベンチャー企業(従業員数50名以下)のマーケティング担当者105名

【関連リンク】

\無料登録受付中/