取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

Sitecore、顧客ロイヤリティに関する消費者意識調査を実施 コロナ禍のオンライン体験が加速

 デジタル体験管理ソフトウェアのリーダー、Sitecore®は、日本や米国を含む13の国と地域を対象に顧客ロイヤリティに対する消費者の意識調査を実施し、「2022年 ブランド・オーセンティシティ・レポート」(https://www.sitecore.com/ja-jp/brand-authenticity/japan)を発表した。

 調査の結果、6割以上がコロナ禍でもオンライン体験を通じてブランドとより深い繋がりを感じたと回答していることがわかった。

オンライン体験を通じたブランドとの繋がりについての調査結果

 同調査では、新しい消費行動や、企業やブランドにおけるオンライン体験の強化について調査し、考察している。

 まず、消費者が企業やブランドに望むのは「私をよく理解した上での具体的な提案」 であることがわかった。

消費者との関係性を構築のために重要なブランドの行動についての調査結果

 また、嫌な体験をした顧客は、そのブランドで再度買い物をする人は非常に少ないこともわかった。

嫌な体験をしたブランドの再利用有無

 

 コロナ禍におけるオンライン体験が加速していることも明らかとなっている。

コロナ禍におけるオンラインショッピング体験の調査結果

 調査概要は以下の通り。

  • 調査方法:インターネット(WEB)アンケート方式
  • サンプル数:日本の消費者:1,004サンプル (グローバルの消費者:12,324サンプル)
  • 調査実施期間:2022年4月26日(火)~2022年5月3日(火)
  • 調査実施機関:ADVANIS

【関連リンク】

【関連記事】