取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

アドビ、次世代分析ソリューションを発表 メタバースやストリーミングメディアに対応

 アドビは、同社が展開する「Adobe Analytics」などの新サービスとして、カスタマージャーニーにおけるすべてのデータとインサイトをワークスペース上に集約できる分析ソリューションを発表した。あわせてプライバシー保護の規則や法律に準拠しながら他の分析ソリューションからシームレスにデータを移行するサービスも開始し、変容し続ける消費者行動から顧客エンゲージメントを明確に把握したいという企業のニーズに応える。

 新たに追加された機能では、メタバース上で行われる特定のイベントの測定・分析や、複数のメタバースにまたがるインタラクション(相互作用)の収集が可能。このデータをwebサイトなど他チャネルのインサイトと組み合わせることで、変化する消費者の嗜好を把握することが可能だ。

 ストリーミングメディア対応はクロスチャネルに対応したデータ分析アプリケーション「Adobe Customer Journey Analytics」内に追加された機能。任意のデジタルメディアの消費を、Webサイトやオフラインチャネルなど他チャネルでのエンゲージメントへ関連付けることができる。

【関連リンク】

 

【関連記事】