取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

社会人の約8割がYoutubeで情報収集を実施 消費への影響力は各世代で作用【for,Freelance調査】

Youtubeで動画を月に何本見たかの調査結果

 for,Freelanceは、20歳以上の社会人1314人を対象に行ったYouTubeの利用に関するアンケート調査の結果を公表した。調査によると、社会人の約8割が月に1本以上の動画を見ており、全体の47%が月に11本以上の動画を視聴しているとわかった。

 調査項目のうち、YouTubeで調べものをしたことがあると言う回答は68%、仕事に関する動画を見たことがあるという回答は30%を占めた。調査結果を受け、for,FreelanceはYouTubeについてマーケティングに適した媒体としたうえで、BtoB企業のチャンネルなど仕事に関する動画は娯楽目的などの主要な動画に埋もれないよう工夫する必要があると分析している。

Youtubeで仕事に関連する動画を見たことがあるかの調査結果

 またYouTube動画を月1本以上見ていると応えた回答者に対して動画による購買行動への影響についても調査を行い、購買行動にYouTubeが影響したことがあるという回答は約60%にのぼった。購買だけでなく、旅行・観光に行く際にYouTubeの影響を受けたことがあるという回答も約30%を占め、YouTubeはあらゆる年代のさまざまな消費行動に影響を与えていることがわかった。

【関連リンク】

【関連記事】