取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

近鉄不動産、ブレインパッドとプライベートDMP構築 顧客ニーズやライフスタイルに沿った発信を実現

 近鉄不動産とブレインパッドは、GoogleCloud のプラットフォーム上にプライベートDMPを構築すると発表した。DXを活用し、近鉄不動産の顧客に最適な情報をタイムリーに提供することを目的としている。

 プライベートDMPは、会社の抱えている顧客1人1人の購買履歴や行動履歴といった各種データを収集・統合・分析するプラットフォーム。複数のデータを一元で管理・分析することで、顧客ニーズに合致したメールや広告などの配信が可能となる。

 GoogleCloudのデータウェアハウス「BigQuery」を基盤に、ブレインパッドが提供する、マーケティング活動効率化を実現するトータルソリューション「Rtoaster」、機械学習アルゴリズムを用いたレコメンド施策を行うBtoC向けのマーケティングオートメーションプラットフォーム「Probance」を活用し、顧客へ送る情報やタイミングの最適化を図る。

【関連リンク】

【関連記事】