取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

サイバーエージェント、メタバース空間のデジタルファッションに特化した「Meta Fashion Factory」を設立

 株式会社サイバーエージェントは、メタバース空間におけるファッションの研究・事業開発を目的にデジタルファッションに特化した専門組織「Meta Fashion Factory(メタファッションファクトリー)」を2022年5月に設立した。

 同組織では、芸能人のデジタルファッション商品の包括的なプロデュースおよびファッションデザイナー・クリエイターとの協業事業を推進する。

 昨今、国内外のブランド企業やアパレルによる「NFT(Non-fungible token / 非代替性トークン)」を活用した「デジタルファッション」の販売が行われており、メタバースへの注目が集まっている。

 同社はこれまで、子会社の株式会社CyberHuman Productionsを通じて著名人のデジタルヒューマンの制作を行うほか、メタバース空間における企業の販促活動を支援する新会社として今年2月に株式会社CyberMetaverse Productionsを設立するなど、メタバース領域における事業を展開してきた。

 その一方で、芸能人のSNSプラットフォーム上での活躍支援を行う「おもしろ企画センター」では芸能人のNFT活用をサポートする専門組織「芸能人とNFT相談センター」を設立し、NFT/メタバース領域における研究・事業開発および著名人の活動支援に注力してきた。

 サイバーエージェントグループが培ってきたAIや3DCG技術・NFT/メタバースにおける事業開発をはじめ、YouTubeチャンネル運用・オリジナルブランドの開発などの知見を活かして設立した「Meta Fashion Factory」では、メタバース空間におけるデジタルファッションに特化した研究・制作・販売プロデュースを行うとしている。

【関連リンク】

【関連記事】