取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

電通グループ、ディグ・イントゥ社を完全子会社化 デジタルマーケティング運用体制を強化へ

 株式会社電通グループは、デジタルマーケティングの運用会社である「株式会社ディグ・イントゥ」の株式を5月13日付けで追加取得し、同社を完全子会社とした。

 これまで同社が保有していた同社株式15%に加え、追加で株式85%を取得したことにより、100%の保有となる。

 これにより、ディグ・イントゥ社が、電通グループの国内事業を担う電通ジャパンネットワーク(DJN)に参画し、DJNのデジタルマーケティングの中核を担う電通デジタルとの連携を深化することで、DJNは顧客企業の継続した事業成長に貢献する体制を強化していく。

 併せて、ディグ・イントゥ社の社名を6月1日より「株式会社電通デジタルアンカー」へ改称した。

 近年、日本のインターネット広告市場は継続的に二桁以上の成長率を維持し、2021年には21.4%の成長となり、規模としてもマスコミ四媒体広告費合計を初めて上回っている。

 この市場環境において、同年にDJNのインターネット広告売上高は27.5%の成長を、電通デジタルは会社として41.0%の成長を遂げた。

 これらの飛躍的な需要の増加を背景に、2018年1月の設立当初より電通デジタルのデジタル広告領域における運用支援業務などのパートナー企業として、事業規模を拡大してきたディグ・イントゥ社をDJNに迎えた。

 DJNはデジタルマーケティング領域における人財育成・採用の強化、運用品質の向上、業務領域のさらなる拡張を図るとしている。

【関連リンク】