取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

popIn、ネイティブ広告ネットワークの審査状況を公表 ネット広告審査の年間却下率は約2倍に

 popIn株式会社が提供する国内最大級のネイティブアドネットワーク「popIn Discovery」は、より信頼性の高い広告配信を目的とし、2021年5月25日(火)より広告配信に関する審査のプロセスを強化し、配信基準の引き上げを実施。

 生活者からの意見を反映する「申告フォーム」を設置した。

 審査基準の引き上げ後、広告入稿審査後の却下率は1年間で11%から21%へ約2倍となった。

広告審査却下率

 「申告フォーム」への生活者からの申告は1年間で60件超えている。

popInへの申告件数

 昨今の行き過ぎた広告表現や過度にコンプレックスを煽る表現、薬機法や関連法規に抵触する表現、そのほか差別的な広告表現などは社会性・倫理性の観点からも大きな課題となっている。

 同社は生活者へ情報を届ける責任として、掲出先の媒体社様の情報の信頼性、そしてご出稿をいただく広告主様の信頼性にも大きく関わる問題と捉えている。

 popInでは昨年、インターネット上に蔓延る行き過ぎた広告表現に歯止めをかけるため、業界のリーディングカンパニーとして、広告配信基準を引き上げるという決断に至った。

【関連リンク】 

【関連記事】