unerryとALiNKインターネット、人流データ×気象データ連動のサービス「天気プッシュ」を共同開発

 リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営する株式会社unerryと、天気予報専門メディア「tenki.jp」を運営する一般財団法人 日本気象協会および株式会社ALiNKインターネットは、人流データと気象データに基づくプッシュ配信サービス「天気プッシュ」を共同開発した。

 「天気プッシュ」の広告配信サービスとアプリ機能の提供を、5月25日(水)より開始している。

 同サービスは、現在もしくは近い未来の天気予報を踏まえた上でアプリユーザーの推定属性や行動傾向、または自社アプリへの導入の場合はアプリ情報をもとにコンテンツを振り分けることのできるプッシュ配信サービスとなっている。

 個人のプライバシー保護にむけ、従来行われてきたサードパーティクッキーを活用したターゲティング広告が困難になる中、生活者の動向を的確に捉えた新たなコミュニケーション手法への転換が求められている。

 そこで「プライバシーへの配慮」「生活者を取り巻く状況の適切な理解」を両立したサードパーティクッキーに依存しない新たな情報配信の仕組みが必要と考え、3社はリアルタイム人流データと気象データを活用した情報配信サービス「天気プッシュ」の提供に至った。

天気プッシュ 

 unerryは、月間300億件超(2022年5月現在)の人流データをプラットフォーム上に蓄積しており、実社会のデータをAI解析することで、さりげなく心地よい情報が必要な人に届く「環境知能」の社会実装を目指し、広告やレコメンド等のマーケティングサービスを提供している。

 今回の「天気プッシュ」では、人の行動に大きな影響を与える気象データとの組み合わせが可能となり、ユーザーの「環境」をより理解したコミュニケーションが実現する。

【関連リンク】