取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

KIYONO、クッキーレス時代のインターネット広告代替ソリューション「ビスケット・パッケージ」をリリース

 マーケティングDXを支援する株式会社KIYONOは、クッキーレス時代にあって、インターネット広告効果の最大化を実現すべく「ビスケット・パッケージ」をリリースした。

 同パッケージは広告出稿企業及びインターネット広告代理店向けに、次世代型広告運用基盤の構築をワンストップでフルサポートするサービスとなっている。

 「ビスケット・パッケージ」の提供するソリューションは以下の通り。

  1. ユニバーサルアナリティクス終了への対応
  2. Cookieレスに対するトラッキング漏れの対応
  3. Cookieレスに対する広告効果向上の対応

ビスケット・パッケージ サービスイメージ

 2023年はGoogle Chromeの3rdPartyクッキーの廃止や、現行のGoogle Analytics(ユニバーサルアナリティクス)のサポート終了など広告主や広告代理店にとって激動の年となることが予想されている。

 これにより広告効果の高いリマーケティングを活用した広告運用が不可能となり、広告を出稿する広告主はインターネット広告経由での売上の低下が予想される。

 上記の対策として、これまでのコンバージョン情報を広告媒体へ自動連携しオーディエンスを最適化させるCPA最適化型の広告運用から、より収益に近いコンバージョンポイントに遷移した情報を媒体側に連携し、収益性の高いオーディエンス最適化を実現させるVBB(Value Based Bidding)型の広告運用の実施があげられる。

 このような広告手法は価値及び広告効果の高い運用方法として現在注目されているが、その基盤を構築するためにはGoogle Analytics4への切替えやサーバーサイドGTMの設定、データベースの構築、さらに高額なツール費用を支払う必要があった。

 そのような背景からKIYONOは来るクッキーレス時代に備え、この状況を解決するソリューションとして、「ビスケット・パッケージ」をリリースするにいたった。

【関連リンク】

【関連記事】