取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

「ポイ活」実践者はキャンペーンを通じた商品購入率が大幅に増加【DIGITALIO調査】

 株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、マーケティングソリューション事業を展開する株式会社DIGITALIOが運営するデジタルギフト「デジコ」( https://digi-co.net/ )は、2022年4月、同社が運営するポイントサイト「ECナビ」の会員10,232人を対象に「キャンペーンと商品購入に関する調査」を実施した。

 調査の結果、「ポイントを積極的に貯めている」「どちらかというと貯めている」と回答した人は、そうでない人に比べてキャンペーンをきっかけに商品を購入する確率が高いことがわかった。

 なお、同調査では上記の2回答に当てはまる人を「ポイ活をしている人」としている。

 まず、「ポイ活」をしていると回答した人のうち、月間獲得ポイントとして最も多かったのは1,000〜5,000円相当で30.2%だった。

月間でポイントや賞品をいくら分獲得しているかの調査結果

 次に、月間獲得ポイントが3万円以上相当と答えた人は、「ポイ活」歴が比較的長く、獲得ポイント3万円以上相当の人は、世帯収入が高い傾向があることがわかった。

 月間獲得ポイントが3万円未満相当と答えた人の中では、「ポイ活」歴による差異は特に見られなかった。

 また、「ポイ活」を始めると、活動歴に関わらずある程度の成果が得られることが判明した。

ポイ活歴の調査結果

 

 ポイントを貯める手段としては、世帯収入が高い程「クレジットカード」「マイル」で貯めている割合が多かった。

ポイントの収集手段の調査結果

 さらに「キャンペーンをきっかけに商品を購入したことがある」と答えた人は、「ポイ活」をしていない人が9%に対し、「ポイ活」をしている人は36.9%と大きく上回り、「ポイ活」をきっかけに商品を購入するケースが多いことがわかった。

キャンペーンをきっかけとした商品購入×ポイ活をしている人の割合

キャンペーンをきっかけとした商品購入×ポイ活をしていない人の割合

 調査概要は以下の通り。

  1. 調査方法:株式会社DIGITALIOが運営するポイントサイト「ECナビ」の会員を対象にアンケートを実施
  2. 調査対象:ポイントサイト「ECナビ」会員
  3. 有効回答数:10,232名
  4. 調査実施日:2022年4月28日(木)

【関連リンク】

【関連記事】