取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

Criteo、フルファネルマーケティングを強化・サポートする「Criteo動画広告」を提供開始

 コマースメディア・プラットフォームで世界をリードするテクノロジー企業、Criteoは、オープンインターネット(オープンウェブ)上で、興味関心を持つ可能性の高いユーザーに動画広告を配信できる「Criteo動画広告」の提供を日本で開始した。

 「Criteo動画広告」は、ブランド広告主の認知拡大を目的とするデジタルマーケティング施策を動画広告で展開するプロダクトで、これまでベータ版として公開していた同プロダクトの正式版となる。

 Criteo動画広告では、CriteoのAIが消費者の購買行動に関する膨大なコマースデータを基にオープンインターネット上のオーディエンスを選定することで、より興味関心を持つ可能性の高いユーザーに広告を配信することができる。

 これにより、広告主の認知拡大(新規ユーザー層の獲得)を目的とするデジタルマーケティング施策の強化をサポートする。

 同プロダクトの特徴は以下の通り。

  • 興味関心がより高いオープンインターネット上のオーディエンスへのターゲティング設定
  • 堅牢なアクセスとスケール
  • フルファネル戦略
  • セルフサービスツールを使った簡単な運用

 Criteo動画広告はこれまで、クルマ情報メディア「グーネット」をはじめとする自動車関連情報や、生活関連情報を提供する株式会社プロトコーポレーションに採用されている。

【関連リンク】

【関連記事】