取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

Wunderman Thompson TokyoのChief Executive Officerに鈴木瑛氏が就任 最年少CEOがリードする企業へ

 Wunderman Thompson Tokyo合同会社は2022年5月17日付で鈴木瑛(すずき あきら)がChief Executive Officerに着任したことを発表した。

 鈴木氏のCEO着任により、Wunderman Thompson Tokyoはネットワーク最年少CEOの一人がリードするオフィスになる。

 鈴木氏は、2007年電通に入社し、クリエーティブディレクター・ストラテジックプランナーとして、国内外のクライアントを担当した。

 2019年よりTikTokの広告ビジネス立ち上げに参画すると、グローバルビジネスマーケティング本部を立ち上げ、広告市場におけるTikTok For Business Japanの飛躍的成長とブランド構築に貢献した。

 着任後は、広告代理店・テック企業の両者を知るバックグラウンドを活かし、Wunderman Thompson Tokyoの強みであるクリエイティビティとデジタルケイパビリティを統合。

 自社の価値を広告主のビジネス成長・企業価値向上に貢献する「グロースパートナー」として再定義する。

 鈴木氏の着任により、東京オフィスのマネジメント体制はより強固なものとなり、日本市場における更なるビジネス成長の実現が期待される。

【関連リンク】

【関連記事】