取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

セールスフォース・ジャパンとデロイトトーマツによるDX人材育成プログラム「Pathfinder」の申込が開始

 株式会社セールスフォース・ジャパンとデロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、昨年より共同で実施している無償のIT未経験者向けDX人材育成プログラム「Pathfinder(パスファインダー)」の今年度募集規模を昨年の10倍となる1000名に拡大し、本日より前期(サイクル1)の受講希望者の申し込み受付を開始した。

 「Pathfinder」は、2018年に米国Salesforceと米国デロイトが共同で開始したDX人材育成プログラムで、調査会社のIDCが2026年までに全世界で930万人の新規雇用を創出すると予想している「Salesforceエコノミー」でキャリアを積むために必要な技術およびビジネススキルを身につけた人材の育成を目的としている。

 昨年開始した日本版の「Pathfinder」では、米国でのDX人材育成実績やノウハウを日本のDXコンサルタントが日本の受講者向けにカスタマイズしており、CRMやSalesforceの知見、ビジネススキルを21週かけて集中的に習得できるよう構成されている。

 昨年は100名の受講者に対して、「CRM×デジタル」領域におけるビジネススキルトレーニング、Salesforce認定資格の取得支援、実践的なスキルを身に付けるための演習トレーニングを実施し、49名のSalesforce認定アドミニストレータ資格取得者を輩出した。

 また、受講者へのキャリア開発支援として人材サービスを提供する株式会社Warisの協力のもと実施した、Pathfinder修了者が参加するミートアップイベントなどを通じて、Pathfinderに賛同したSalesforceパートナーのNECソリューションイノベータ株式会社、toBeマーケティング株式会社、株式会社セラク、デロイト トーマツなど各社に受講者の就職が決定した。

 昨年は特に出産・育児休暇などを経た女性のプログラム修了率が48%と全体平均(32%)よりも高く、リスキリングに対する女性の高い意欲が明らかになった。

 また、地方部の受講生が都市部の企業に”リモート就職“するなど、IT未経験の受講生に新たな活躍の場を提供するキャリア開発支援の場となった。

 「2022年度Pathfinderプログラム概要」の詳細は、Pathfinderに関する情報をまとめた以下の特設サイトから確認できる。

https://www.salesforce.com/jp/company/careers/pathfinders/

【関連リンク】

【関連記事】