取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

ABEMA、 コネクテッドTV 特化型広告ソリューション「ABEMA Ads CTV パッケージ」の提供を開始

画像:(C)AbemaTV, Inc.

 「ABEMA(アベマ)」は、今後大きな成長が見込まれる コネクテッドTV (以下、 CTV )領域の広告市場において、広告主が CTV をより積極的にマーケティング活用できる環境の実現を目指し、 CTV 特化型広告ソリューション「ABEMA Ads CTV パッケージ」の提供を開始した。

 これまで対応していた CTV 広告接触後のモバイルアプリのインストール計測に加え、新たに CTV 向けの詳細なターゲティング配信や広告接触後のウェブサイト送客効果の可視化などが可能となる。

ABEMA Ads  CTV パッケージ機能一覧

(C)AbemaTV, Inc.

 同ソリューションの特徴の一つ「ジオデモグラフィック配信」では、 CTV を利用する世帯にフォーカスした。

 技研商事インターナショナル社が展開するジオデモグラフィクスデータ「c-japan®」と連携することで、国勢調査やマーケットデータをベースにしたセグメンテーションを活用し、地域・世帯特性をもとにした配信が可能となっている。

ジオデモグラフィック配信の説明

(C)AbemaTV, Inc.

 また、「サイト来訪計測」では、「ABEMA」が保有する広告接触データとウェブサイトのアクセスログによって、 CTV 広告接触後のウェブサイト来訪を可視化し、サイト来訪率やコンバージョン率などウェブサイトやECサイトを展開する広告主における CTV 広告効果の評価ができるようになった。

 同計測では「ABEMA」が保有するファーストパーティデータを活用することで、広告接触者群と広告非接触者群の比較レポートや、各コンテンツ視聴群による比較レポートなどの抽出が可能で、投資対効果の適切な判断や次の戦略決定に活用できる。

サイト来訪計測の説明

(C)AbemaTV, Inc.

【関連リンク】

【関連記事】