第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

博報堂DYHD、2022年3月期は増収増益 大型案件やインターネットメディアが伸長

 博報堂DYホールディングスは、売上高は1兆5,189億21百万円(前期比17.0%の増収)、収益は8,950億80百万円(同25.3%の増収)と大きく前年を上回った。

 当連結会計年度の売上高を種目別では、雑誌とラジオを除く全ての種目で前年を上回った。中でも、マーケティング/プロモーションでは大型案件により大きく前年を上回り、インターネットメディアも高い伸びとなった。

 また、得意先業種別では、サプライチェーン停滞の影響が大きい「自動車・輸送機器・関連品」などで前年同期を下回ったが、「官公庁・団体」、「情報・通信」及び「交通・レジャー」で前年を大きく上回ったほか、そのほかの業種も多くが前年を上回った。

 売上総利益に関しても、3,870億93百万円(同23.6%増加)と前期より738億75百万円の増加となった。

 なお、このうち国内事業については3,110億58百万円と23.2%の増益、海外事業については北米や中華圏における回復基調に加えて連結範囲の拡大もあり、790億34百万円と24.3%の増益となった。

 販売費及び一般管理費において、戦略的な投資を行うとともに連結範囲が拡大したことによる費用の増加があったものの、営業利益は716億42百万円(同59.1%増加)、経常利益は757億40百万円(同52.7%増加)となった。

【関連記事】

MMD

MMD-banner