第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

中小企業の約8割がデジタルツールの導入に「満足」と回答 最も導入して良かったツールは「会計ソフト」

 一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会は、デジタルツールを導入している、従業員数30名未満の企業の経営者・役員217名を対象に、中小企業のデジタルツール活用実態に関する調査を実施した。

 調査の結果、中小企業の約8割がデジタルツールを導入して「満足」と回答し、導入してよかったデジタルツールについては、約半数が「会計ソフト」と答えた。

デジタルツールを導入したきっかけの回答

 デジタルツール導入のきっかけを問う質問では、「業務効率改善のため」が68.7%で最多の結果に。

デジタルツール導入に満足しているかへの回答

デジタルツール導入に満足している理由の回答

 デジタルツールの導入には中小企業経営者の約8割が満足しており、84.4%がデジタルツール導入により「業務効率化につながった」と回答した。

デジタルツール導入に満足していない理由

 一方で、デジタルツール導入に満足していない企業の理由は、「十分に使いこなせていないから」が56.7%で最多となった。

DXの取り組み領域への回答

 次に、自社でのDXの取り組み領域についての問いでは、「経理・経費精算」が40.1%で最多、また、導入して「よかった」デジタルツールを伺うと、第1位「会計ソフト」(49.5%)、第2位「コミュニケーションツール」(32.4%)、第3位「ファイル共有/オンラインストレージ」(30.8%)の結果となった。

発展させたいDXの取り組み領域の回答

 今後取り組みを検討したい/発展させたいDX領域については、「営業」が26.7%、「顧客・取引先管理」が23.5%だった。

DXを進める上での課題の回答

 一方で、中小企業の半数以上が、自社でDXを進める上での課題を実感しており、課題内容として、「専門知識のある人間がいない」や「情報が少ない」などが挙がった。

他社のDX実施状況への興味についての回答

 また、中小企業の5社に1社が、他社の取組状況に興味があるが、調べ方がわからないと回答し、他社の取組状況について、「同規模の他社状況を知りたい」(55.6%)や「規模職種に限らず情報を知りたい」(35.6%)の声が多数挙がった。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査概要:中小企業のデジタルツール活用実態に関する調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2022年4月15日〜同年4月18日
  • 有効回答:デジタルツールを導入している、従業員数30名未満の企業の経営者・役員217名

【関連リンク】

【関連記事】

MMD

MMD-banner