第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

イグニション・ポイント、電通グループと資本提携 クライアントのBX・DX支援における共創を開始

 新規事業創出やデジタルトランスフォーメーション(DX)を強みに、クライアントのイノベーションや変革を支援するイグニション・ポイント株式会社と株式会社電通グループは、資本提携した。

 イグニション・ポイントはこの提携により、電通グループが擁する、クライアントの事業変革を実現するビジネス変革領域(BX)およびDX領域のアセットやネットワークの活用を開始すると同時に、大幅なブランド刷新を実施した。

 両社が中長期で目指す方向性は「社会およびクライアントの事業創造と成長に貢献する」ということで一致しており、その親和性や相互の強み・特徴を活かすことで、BX・DX領域における新たなサービスやソリューションの開発・提供が可能になると考え、今回の資本提携に至った。

 イグニション・ポイントは、創業期より新規事業創出やDXを強みとし、社会課題・クライアントの課題解決に取り組む「コンサルティング事業」、企業・アカデミア・行政を巻き込むエコシステムの組成を通した新規事業創発を行う「イノベーション事業」、そしてスタートアップ投資と投資先の成長を支援する「インベストメント事業」の3軸にて、事業活動を進めてきた。

 昨今のDXの流れの追い風もあり、新型コロナウイルス感染拡大以前より業績は3倍超と急拡大を遂げている。

 また、毎年のように自社発のサービスやスタートアップを複数生み出し成長し続けている。

 電通グループは、マーケティングコミュニケーションを通じたクライアント支援で国内広告市場の成長・発展に貢献してきた。

 近年では、事業環境の変化や市場の成熟化に伴い、クライアントからマーケティングの範疇を超えた幅広い領域での統合ソリューションが求められるようになり、グループ内外のリソースを結集して新しい価値の創造に取り組んでいる。

【関連リンク】

【関連記事】

MMD

MMD-banner