第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

GMOインターネットグループ、CM動画の効果検証SaaSツール「PlayAds byGMO」の高速定量調査プランを提供開始

 GMOインターネットグループは、CM動画の効果検証SaaSツール「PlayAds(プレイアズ) byGMO」(URL:https://www.playads.jp/ )の高速定量調査プラン「PlayAds(プレイアズ) LITE(ライト) byGMO」を、2022年5月10日(火)より提供開始した。

 「PlayAds byGMO」は、動画のマーケティングに特化した事業を展開するGMOプレイアド株式会社が提供する、国内初の感情取得技術を取り入れたCM動画の効果検証SaaSツールだ。

 この度提供開始されたプランでは、最短20分・1本のCM動画につき2万円で、100名の調査モニターを対象にしたCM動画広告への評価調査の実施と数値化が可能となる。

 「PlayAds LITE byGMO」は、管理画面上の操作だけでモニター調査を実施し、完成前にCM動画を評価できるCM動画の効果検証SaaSツール「PlayAds byGMO」のスピード感と効率に特化した新プランとなっている。

 調査モニターは、GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社が提供する国内2,673万人(※2022年4月現在)の「JAPAN Cloud Panel」と連携している。

 CM動画制作の際に頻発する、「複数の案があるが、現場の感覚、もしくは決裁者の一存で決定され、本当にターゲットに評価されるかどうかは広告出稿してみないとわからない」「ターゲットに注目される表現を追求したいけれど、炎上のリスクを考え無難な表現になってしまう」といった課題に対して、“最短20分・1本のCM動画につき2万円”という手軽さでターゲットの評価をスピーディーに調査・数値化し、効率的かつ効果的なCM動画制作を支援する。

 「PlayAds LITE byGMO」は、CM動画1本につき2万円で検証できる完従量課金で、好きな時に利用できる。

PlayAds(プレイアズ) byGMOプラン料金

 検証結果の分析のサポートや、詳細なターゲティング設定等オプションを加え調査をしたい場合は、国内初の感情取得技術(特許取得済/特許番号:6745393号)を取り入れたCM動画の効果検証SaaSツール「PlayAds byGMO」(URL:https://www.playads.jp/)の「BASIC(ベーシック)」プランが利用可能だ。

【関連リンク】

【関連記事】

MMD

MMD-banner