第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

Instagram、リール動画のタグ付け機能をアップデート クリエイターのカテゴリが表示可能に

Instagramは4月25日、リール動画にクリエイターのアカウントをタグ付けするとき、アカウント名だけでなく「ダンサー」「写真家・フォトグラファー」「メイクアップアーティスト」などクリエイターのカテゴリを表示できるアップデートを導入した。

これにより、動画や写真などのコンテンツを制作する際に各クリエイターがどのような役割で関わったのかというクレジット情報を、より分かりやすく表示することができるようになる。

この機能は、今年3月にフィード投稿で先がけて利用できるようになったもの。

例として、一本のリール動画を撮影するときにも、出演するアーティストやモデル、ダンサーなどはもちろん、撮影を担当する動画クリエイター、出演者のメイクを手がけるメイクアップアーティスト、BGMを用意する作曲家など、様々なクリエイターが関わっていることがある。

このようなクレジット情報を、コンテンツを投稿するときにカテゴリとして表示することで、それぞれのクリエイターの貢献をより明確に伝えることができるようになる。

また、コンテンツを目にする利用者にとっても、新たなクリエイターを発見するきっかけとなる。

Instagram導入機能

Instagramでは、あらゆるクリエイターが自分自身を表現し、ファンと繋がってコミュニティを育み、持続性のあるビジネスを築くことができるよう、機能の拡充や大規模な投資などの支援を加速している。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner