第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

マーケティングDXに取り組む企業は約9割、成果が出ている企業は6割へと伸長【電通調査】

株式会社電通は、企業の役職者(経営者・役員・本部長/部門長・部長職以上)364名を対象に、「マーケティングDX調査2021」を実施した。

同調査では、「マーケティングDX」を”生活者を中心に捉え、デジタルを活用した新たな顧客体験の創造を通じた事業・マーケティング活動全般の変革”と定義し、2020年に実施した調査との経年比較や、マーケティングDXで成果を創出している企業の特徴・傾向を分析。

その結果、マーケティングDXの取り組みを進めている企業や成果が出ている企業が増加していることがわかった。

主な調査結果

マーケティングDXの取り組みを進めている企業は86.8%に上り、成果が出ている企業も49.6%(2020年)から60.4%(2021年)に増加

下記のグラフでは画像マーケティングDXの取り組み状況と成果の有無についての結果がまとめられている。

マーケティングDXの取り組み状況と成果の有無

マーケティングDX関連領域における取り組みは、「金融」「情報通信」で前年より進展し「消費財」は横ばい

マーケティングDX関連の4領域(顧客体験変革、システム変革、データ・人材変革、組織・業務変革)における、業種別の取り組みスコアと前年からの伸長率は下記の表を参照。

上記4領域に関連する取り組み状況を5段階評価した平均値を「取り組みスコア」、前年と比較した結果を「伸長率」として算出されている。

マーケティングDX関連の4領域における業種別の取り組みスコアと前年からの伸長率

「マーケティングDXで成果を創出している企業」はそうでない企業と比べ、人材や組織、顧客体験を重視する傾向に

重視しているマーケティングDX関連の取り組み(マーケティングDXで成果を創出しているグループと、そうでないグループの差分)は以下の通りとなった。

重視しているマーケティングDX関連の取り組み調査概要

  • タ イ ト ル :「マーケティングDX調査2021」
  • 対象エリア:全国
  • サンプル数:364ss
  • 調 査 手 法:インターネット調査
  • 調 査 期 間:2021年12月2日~12月9日
  • 調 査 機 関:株式会社日経BPコンサルティング

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner