第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

NTT・三井不動産ら、販売促進高度化に向けた実証実験開始 検証用クーポンを配信

NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、三井不動産株式会社、三井不動産商業マネジメント株式会社の4社は、愛知県名古屋市にあるHisaya-odori Parkにおいて販売促進高度化に向けた実証実験を2022年4月21日より開始した。

この実証実験では、Hisaya-odori Parkの実店舗から取得する店舗の人流データおよびレジ客動向(客数、属性)の分析に加え、ドコモが保有するdポイントクラブ会員8,700万人以上の会員基盤と顧客理解技術を用いたデジタルマーケティングを取り入れた来店促進や顧客満足度を高める施策を実施する。

実証実験の内容

Hisaya-odori Parkの実店舗データとdポイントクラブの会員基盤を活用し、Hisaya-odori Parkの店舗への来店を促したいターゲットユーザーを明確化するとともに、ターゲットユーザーに対し、趣味嗜好に合わせたeクーポンを配信し、その後の行動変容を分析することで、データを活用した販売施策の有効性を検証する。

①来訪ユーザーの詳細な分析

NTT Comの持つAI映像解析サービス「COTOHA Takumi Eyes」およびクラウド録画カメラサービス「coomonita (コーモニタ)」で取得した店舗の人流データやMSP会員のレジ客動向(客数、属性)などのHisaya-odori Parkの実店舗データと、ドコモの保有するdポイントクラブ会員8,700万人以上の統計化されたデータから、ドコモの顧客理解技術により来訪ユーザーの特徴を分析する。

②クーポンの配信

①で分析した来訪ユーザーと潜在ユーザーに対してeクーポンなどを配信するデジタルマーケティングを実施し、MSP会員およびdポイントクラブ会員の来店率や購買率の向上を図る。

③分析および分析結果の活用

クーポンの使用状況などから来店数や購買率など、ユーザーの行動変容状況を確認し、分析した内容を店舗側にフィードバックすることで、新規イベントの検討や新メニューの開発などに活用していく。

実施の背景

Hisaya-odori Parkにおけるさまざまな実証実験への参画を通じ、ICTを活用した都市における社会的課題の解決と経済発展の両立に取り組んできたNTT Comは、2022年1月より新ドコモグループとして、ドコモとの連携を行っている。

三井不動産は、Park-PFI制度によって開発したHisaya-odori Parkの指定管理者として、商業ゾーンの運営管理を行う三井不動産商業マネジメントとともに、来園者や店舗の顧客の利便性の向上のためさまざまなステークホルダーと連携した取り組みを進めている。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner