第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

Shirofune、LINE広告対応の広告運用自動化ツールを提供開始 主要広告プラットフォームとの一括運用が自動化可能に

広告運用自動化ツール「Shirofune」は、月間利用者数9,000万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」に広告を出稿するための広告配信プラットフォーム「LINE広告」の運用自動化機能の提供を開始した。

これにより「LINE広告」自体の生産性向上や、他のSNS広告やGoogle広告、Yahoo!広告との一括運用や横断的な成果改善をShirofuneで行うことが可能となる

LINE広告で成果を出すための業務を自動サポート

あらかじめ「LINE広告」管理画面から出稿した広告の、入札・予算の最適化や運用改善案の提案と設定、成果分析やレポート作成をShirofune上で自動化可能となった。

LINE広告連携機能の無料トライアルを実施

ユーザー初回登録時の60日間ツール利用料無料トライアルとは別に、6月末まではLINE広告連携機能をツール利用料無料で試せるトライアル期間が設けられる。

予算調整機能

予算調整機能

設定した予算内で成果を最大化できるように自動で管理・調整。複数媒体の運用時には、媒体毎の予算を設定できる他、予算グループの設定により、任意のキャンペーン群に対して自由に予算組みを行うことが可能。

また月額予算だけでなく、任意の期間での予算設定も可能となっている。

入札最適化機能と改善提案機能

入札最適化機能と改善提案機能

クリック・コンバージョン・収益(コンバージョン値)の中から選んだ成果指標に併せて、入札内容を自動で最適化でき、優先コンバージョン設定ではより細かいコンバージョン設定のカスタマイズが可能。

広告運用自動化ツール「Shirofune」について

Shirofuneは、主要広告プラットフォームの運用業務の効率化・生産性向上と広告効果の最大化を同時に実現する、広告運用自動化ツール。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner