第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

7割以上の企業が「LP制作の外注はリスクが高い」「LPを自社で制作したい」と回答【YO-ZAN調査】

株式会社YO-ZANは、HPや簡易サイトを設けている小規模事業者を対象に、「新規顧客獲得とLPの必要性」に関する調査を実施した。

調査によると、7割の事業者が「LP制作を業者に依頼するとリスクが高くなると思う」と回答し、同じく7割以上の事業者が「売れるLPを自社でつくりたいと思う」と回答した。

LPについての知識や理解

事業者のLPへの知識理解

広告やブログ、SNSなどを経由して、「見込客が最初に訪れるページ」でもあるLP(ランディングページ)について、「あまり知らない」という回答は2割以上、「初めて聞いた」という回答は26.9%あることが明らかとなった。

「LP(ランディングページ)についてどのくらい知っていますか?」との質問は、『よく知っている(仕組みも運用方法も理解している)(20.7%)』『少しは知っている(仕組みはわかるが自分で運用はできない)(28.3%)』『あまり知らない(聞いたことはあるが仕組みや運用方法などは知らない)(24.1%)』『全く知らない(初めて聞いた)(26.9%)』という結果となっている。

「LP(ランディングページ)はいわば商品やサービス販売における“365日24時間働く優秀な営業マン”ですが、今後(より一層)有効活用したいと思いますか?」との質問には、『とてもそう思う(23.4%)』『ある程度そう思う(53.9%)』『そうは思わない(22.7%)』という回答が寄せられた。

LP制作を自社で行いたい事業者が半数以上

 

自社でのLP制作への意欲

「売れるLP(365日24時間働く優秀な営業マン)を自分でつくりたいと思いますか?」との質問は、『とてもそう思う(22.0%)』『ある程度そう思う(49.6%)』『そうは思わない(28.4%)』という結果に。

「売れるLP(365日24時間働く優秀な営業マン)を自分で(自社で)つくるためには、どのようなことに取り組む必要があると思いますか?(複数回答可)」との質問では、『自社でまず取り組んでみる(試行錯誤してみる)(34.7%)』という回答が最も多く、次いで『ネット記事で情報収集(30.2%)』『SNSで情報収集(29.2%)』という結果になった。

外注にリスクを感じる事業者は7割以上

 

「LPを“365日24時間働く優秀な営業マン”にするために、業者に依頼する(外注する)のはリスクが高いと思いますか?」との質問では、『とてもそう思う(19.4%)』『ある程度そう思う(53.2%)』『そうは思わない(27.4%)』という結果となり、外注するとリスクが高くなると思う割合は7割を超えた。

外注先への不満の内容は

外注先への具体的な不満の内容としては、高い制作費がかかる、仕事が雑、マーケティングプランが無い、デザインに注力して肝心の「売れるLP」を制作してくれるとは限らない、といった以下のような回答があった。

  • 小規模な業種で特定のサービス業など、大量に商品やサービスを売り捌けない事業では、不確実性な投資にリスクはあると思う。月々のコスト面やサービスを使うための期間縛りなど、あまり良いイメージがない(30代/男性/埼玉県)
  • 広告投資に対する売上保証が無く、制作費が高い。また自社にて制作できるため外注にするメリットを感じない(30代/女性/大阪府)
  • 仕事が雑で自己満足で終わり。具体的なマーケティングプランも無く、改善の度にお金がかかる(40代/男性/埼玉県)
  • 業者へ依頼してもデザインに注力し過ぎて“売れる”LPを制作してくれるのか疑問に思うから(40代/男性/埼玉県)
  • 高いだけで効果が得られない事がある。不誠実な業者も多い(40代/女性/栃木県)
  • 小規模経営なので高いコストをかけても利益につながるかどうかわからない(50代/男性/埼玉県)

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner