第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

プレイアブル広告のパフォーマンス、AndroidはiOSの2倍を記録【Liftoff調査】

モバイルアプリマーケティングとリターゲティングプラットフォームを提供するLiftoff Mobile 株式会社は、モバイルクリエイティブインデックスレポートを発表した。

本レポートでは、ゲーム、Eコマース、ファイナンス、エンターテインメントの4つの主要アプリカテゴリにおけるマーケティングパフォーマンスの傾向を調査し、バナー、インタースティシャル、プレイアブル、ネイティブ、動画の5つの主要な広告フォーマットについて、CPI、CPA、ROASの指標を分析している。

ゲームアプリにおけるフォーマット別の傾向

フォーマット別では、プレイアブル(アプリ内課金をする前にユーザーがプレイできるインタラクティブ型の広告)が圧倒的な低CPIとなっており、マーケターにとって最も魅力的なフォーマットと言える。

バナー広告のCPIは2.82ドルで、ROI(費用対効果)としては第2位です。動画とインタースティシャルはその中間に位置し、CPIはそれぞれ4.26ドルと4.67ドルで同程度。

それぞれの広告フォーマットはもちろん、コンバージョンレートやファネル下位の指標を見て、キャンペーンのパフォーマンス全体を最適化する必要がある。

ゲームアプリにおけるフォーマット別の傾向

ゲームアプリのプラットフォーム比較:広告フォーマット

プラットフォーム別に見ても、プレイアブルは低CPIで、バナー広告が続く。

広告費はいずれのプラットフォームでも同じように推移しており、すべての広告フォーマットにおいて、Androidの方が低コストとなっている。

iOSにおけるバナー、インタースティシャル、プレイアブルの各コストはAndroidの2倍以上を記録している。

ゲームアプリのプラットフォーム比較

ゲームアプリ:フォーマット別の月次CPIの変遷

2021年1月から12月まで、プレイアブルは、バナーと同率だった9月とiOS 15のリリース時期を除き、一貫して最も費用対効果の高い広告フォーマットだ。

このことから、プレイアブル(1.98ドル)、バナー(2.82ドル)は、高いコストをかけずにゲーム体験の可能性を最大限に引き出したいマーケターにとって魅力的なフォーマットだと言える。

ゲームアプリのフォーマット別CPI変遷

Eコーマスアプリの傾向

バナーはCPIが1.95ドル、CPA-購入が6.01ドルと、Eコマース分野では最もコストの低いフォーマットで、インタースティシャルは、1インストールあたりバナーの2倍近くを記録している。

1アクションあたりのコストは3倍以上、インストールからアクションまでの割合も18.9%と低いのが特徴。

また、ユーザーの購入を重視する広告主にとって、バナーは最も低コストであり、ITA(Install to Action)は32.42%と高く、ネイティブのITAは33.4%で最高値を記録している。

Eコーマスアプリのコスト比較

エンターテインメントアプリの傾向

全体のCPIはバナーが2.80ドル、インタースティシャルが3.23ドルと、広告フォーマット間で近い値となっており、iOSは、広告フォーマット全体でAndroidよりも高値を記録している。

バナー広告は2.80ドルで、1インストールあたりの価値が最も高いフォーマットだ。

エンターテインメントアプリのコスト比較

ファイナンスアプリの傾向

iOSのバナーとインタースティシャルは、Androidのバナーの2倍以上のコストを記録している。

また、iOSネイティブのコストは3倍以上で、インタースティシャルはiOSとAndroidの両方でバナー広告の約2倍のコストがかかる。

Androidのネイティブ(2.61ドル)は、インタースティシャル(3.75ドル)よりもインストールあたりの価値が高いと言える。

全体として、バナー(1.95ドル)は、インストールあたりの価値が最も高いフォーマットであることがわかる。

ファイナンスアプリのコスト比較

レポートの詳細は以下のリンクを参照

https://bit.ly/creative-index

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner