第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

約9割の従業員が「自社の変化」に対して不安 4割超は「変革に期待が持てる」と回答【電通調査】

株式会社電通は、2021年12月に、全国各企業20~59歳の部長以下の従業員男女計1,000名を対象に「企業の変革に関する従業員意識調査」を実施した。

対象者1,000名のうちの600名にあたる大企業の従業員に関してはクラスター分析も行い、従業員のタイプ別の示唆も分析した。

調査結果からは、従業員の多くが自社の変革の必要性は感じているものの、変革に対する不安は大きく、経営層は自社の変革に対する従業員の期待を十分に生み出せていないという実態が浮き彫りになった。

企業の変革を促進するためには、従業員が納得するビジョンを策定し、変革に対するエンゲージメント(企業の変化に関する自分ごと化、参画)を高めていくことが必要であることも明らかになった。

6つのファインディングス

①企業の変革への取り組みの有無

変革に対して自社からの情報発信がなされていると回答した従業員は9割近くにのぼり、多くの企業で変革を推し進めようとしている実態が明らかになった。

企業の変革への取り組みの有無

②従業員75.3%が「自社の変革必要」と回答

75.3%の従業員が自社の変革の必要性を感じており、43.9%が自社の変革に期待が持てると回答した。

自社の変化に対する気持ちの質問

③従業員32.3%が変革のため「行動を起こしている」と回答

自社の変革に対して、「自身が何らかの行動を起こしている」と回答した従業員は32.3%にとどまる一方で、「行動していない/うまくいかない/ついていけない」と回答した層は38.3%。

従業員の変革に対する対応

④従業員が自社の変化に消極的な理由

自社の変革に対して、自らが「行動していない/うまくいかない/ついていけない」と回答した方にその理由を聞いたところ、「ビジョンの提示不足・不透明さ」(27.9%)「社内における浸透不足」(26.2%)が課題とされた。

従業員が自社の変化に消極的な理由一覧

⑤従業員約9割が自社の変化に不安

自社の変化に対する不安を聞いたところ、「特に不安はない」と回答した従業員は12.2%にとどまり、約9割の従業員が何らかの不安を感じていることが分かった。

従業員の自社の変化に対する不安一覧

⑥自社に求めるサポート

変化に対して企業からどのようなサポートをされると良いか、という質問に対しては、「どのような会社になりたいか、どんな事業をなりわいにするかのビジョンの発信」(39.2%)が最も多い結果となった。

このことからも、従業員の変革へのエンゲージメントにはビジョンの浸透が重要である、と考えられる。

従業員が自社に期待するサポート一覧


【プレスリリース】

MMD

MMD-banner