第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

世界のマーケティング担当者は「ブランド認知の向上」を最重要視 ソーシャルメディアへの支出が増加【ニールセン調査】

ニールセンは、2022 アニュアルマーケティングレポート を発表した。

同社の調査によると、世界のマーケティング担当者がデジタルファーストを重要視しているものの、消費者のメディア習慣の変化に対応するために、過去2年間苦戦していることが明らかになった。

2021年12月から2022年1月にかけて約2,000人の世界のマーケティング担当者を対象に実施された同調査では、マーケティグ費用の使われ方において、デジタル優位性が明らかになり、その決定の背景にあるデータに対するマーケティング担当者の自信の無さが浮き彫りになった。

デジタルの断片化が進む中、マーケティング担当者はデータの正確性、測定、ROIを最も重要な事項として報告している。

全体の69%は「ファーストパーティデータは自社の戦略やキャンペーンに重要である」と回答し、72%は「メディア予算の影響を最大化するために、質の高いデータにアクセスできると考えている」と回答した一方で、「オーディエンスデータに十分な自信を持っている」と回答したのはわずか26%に過ぎなかった。

マーケティング担当者の最大の目的は「ブランド認知」

ニールセンのサーベイでは、3分の2近く(64%)の回答者が、ブランド認知の向上を達成するためのペイドメディアとしてソーシャルメディアが最も効果的なチャネルであると回答した。

ソーシャルメディアへの支出は、世界全体で53%増加し、テレビとラジオへの支出の合計増加率を大幅に上回った。

メディアの断片化が進み、全体的な測定の必要性が高まっている

フルファネルのROI測定に対するマーケティング担当者の信頼度は、54%であることがわかった。

オンラインとモバイルのビデオを除くと、他のすべてのチャネルのROIを測定することに対する自信は、グローバルで50%未満まで落ち込む。

マーケティング担当者の約半数がポッドキャストへの支出を増やす意向を示しているが、その投資のROIを測定することに対する自信はわずか44%に留まっている。

ニールセン責任者のコメント

ニールセンの最高マーケティング・コミュニケーション責任者のジェイミー・モルダフスキー

は、

「業界を超えて消費者行動を詳細に把握することが、ニールセンの役割であり、長年にわたる計測の経験とメディア業界の包括的な見解によって、ブランドに他にはない360度の展望を提供します。」

と述べている。

調査対象について

同調査はニールセンによる、5回目のアニュアルマーケティングレポートとなり、マーケティング予算100万ドル以上を支出する、様々な業界(自動車、金融サービス、FMCG、テクノロジー、ヘルスケア、医薬品、旅行、観光、小売)のメディアおよび計測戦略を担当するマーケティング担当者からのアンケート回答に基づいている。

【プレスリリース】

ニールセン、2022 アニュアルマーケティングレポートを発表

【関連記事】

MMD

MMD-banner