第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

アール・ドクター、美容クリニック向けマーケティングDXソリューション「VIANNA DX」を提供開始 電子カルテと広告データを連携

株式会社アール・ドクターは、美容クリニックの経営をデータの力でバージョンアップする美容クリニック向けマーケティングDXソリューション「VIANNA DX」を4月15日(金)より提供開始する。

同社は自費診療に関する情報を中心に、医療経営、医療法務、医師のライフスタイル、医療メディアなどの様々なサービスを提供するベンチャー企業グループ、株式会社SSFホールディングスのグループ会社で、美容クリニックに特化した総合的なマーケティング支援を提供している。

美容クリニックのマーケティング課題を根本から解決

VIANNA DXは、電子カルテのデータと広告ログやアクセスログを連携することで広告効果をデータ統合&ダッシュボードによって可視化し、本来あるべきデータドリブンマーケティングを実現して経営改善に貢献するSaaS。

VIANNA DXの説明

こんな課題を解決

  • 予約は入るが広告の効果なのかわからない、売上に繋がっているのかわからない
  • 広告予算の最適化を投資対効果に基づいて判断したい
  • 契約率や契約金額の高い顧客の属性(ターゲット)を明確にしたい
  • 広告商品別に来院率、契約率、契約金額の高いスタッフを把握したい

大手美容クリニックで実証実験済のマーケティング改善ノウハウを基に、正しくデータ計測を行える環境構築、各美容クリニックの課題に応じたKPIの設定やダッシュボードの提供、分析や改善コンサルティングを同社が一貫してサポートする。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner