第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

YouTuberの平均月収は「5,000円~1万円未満」が最多【ファストマーケティング調査】

YouTuberの平均月収は「5,000円~1万円未満」が最多

ファストマーケティングは、ネットリサーチを利用して実施した『YouTuberに関する実態調査』の結果を発表する。本調査は、事前の調査で「YouTubeパートナー認定プログラム」の認YouTuberに関する実態調査定を受けていると回答した男女、288名の方を対象にしている。

また、集計データとしてまとめた全31ページの調査結果レポートを、ファストマーケティングの自主調査レポートページ(https://fastmarketing-pro.com/youtuber-research-220411/)から、無料でダウンロード提供する。

10代の3人に2人が個人用のYouTubeアカウントを所有

Q1

18歳から59歳の男女に、個人用のYouTubeアカウントを所有しているかと聞いたところ、47.7%が持っていると回答した。年代別で見ると10代(64.9%)、20代(52.7%)、30代(43.7%)、40代(40.6%)、50代(37.6%)となっている。年代が若いほど、アカウント所有率が高いことがわかる。

年代別アカウント所有率

10人に1人がYouTubeへの動画投稿を収入源のひとつに

Q2

個人用のYouTubeアカウントを所有している人のうち、本業・副業問わず、YouTubeへの動画投稿を収入源のひとつにしている人という人は、10.1%だった。10.1%という数値だけ見るとまだまだ少ない気もするが、アカウント所有者の10人に1人がなんらかの収入を得ているとは驚きだ。

投稿で収入を得ている人の7割が「YouTubeパートナープログラム」の認定者

Q3

YouTubeへの動画投稿で収入を得ている人のうち、72.0%が「YouTubeパートナープログラム」の認定を受けていることがわかった。

 

※「YouTubeパートナープログラム」とは特定の条件をクリアすることで、得られる資格だ。YouTube動画で収益を得る方法は複数あるが、そのうち広告収益についてはパートナープログラムの審査を通らないと受けられない。

YouTuberの平均月収は「5,000円~1万円未満」が最多

「YouTubeパートナープログラム」の認定を受けている人に、平均的なYouTuberとしての月収を聞くと、「5,000円~1万円未満」が28.7%と最も多くなった。次いで「1万円~5万円未満」が25.6%、「5,000円未満」が20.7%だった。30万円以上と回答した人は、5.2%となっている。

人気が高いYouTuberだが、まとまった金額を稼ぐのは一筋縄ではいかないようだ。

YouTubeのフォロワー数は7割以上が10,000人未満

Q5

自分のYouTubeチャンネルのフォロワー数については、「2,000人未満」が26.5%で最多だった。次いで「5,000人~10,000人未満」が25.0%、「2,000人~5,000人未満」が24.7%と続いている。合計すると76.2%が10,000人未満となった。

ちなみに、上述の平均月収とフォロワー数のクロス集計では、フォロワー数が多い人ほど月収が高い傾向が見受けられた。

Q5クロス集計

その他の調査結果

YouTuberは多様な収入源を活用。広告だけでなくメンバーシップや物販も
YouTuberにとって最も大きな収入源は「広告収入(AdSense)」
YouTuberに人気のジャンルは「ゲーム実況」に「商品レビュー」
YouTubeへの動画の投稿頻度は1か月あたり「4回~8回未満」
YouTubeへの累計動画投稿数は「50個~100個」
3人に1人が「YouTuberとして事務所に登録」
約4割のYouTuberが動画編集の「外注」を検討中
YouTuberに人気のSNSは「Twitter」と「Instagram」
YouTuberに人気の機材は「スマホ」と「三脚」、「ビデオカメラ」と「LED照明」も
6割のYouTuberが動画にSEO対策を実施

スクリーニング調査概要

調査対象:全国9,340名の18歳~59歳の男女
調査期間:2022年2月7日~2月14日
調査手法:インターネット調査・ファストマーケティングにて実施

本調査概要

調査対象:事前の調査で「YouTubeパートナー認定プログラム」の認定を受けていると回答した男女、288名
調査期間:2022年2月14日~2月14日
調査手法:インターネット調査・ファストマーケティングにて実施

ファストマーケティングでは調査レポートの活用指南を受け付けている。
400本以上の実施経験のある筆者が活用方法も含めレクチャを行う。お気軽にご相談いただきたい。
https://fastmarketing-pro.com/

ファストマーケティング

ファストマーケティングの強み

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner