第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

ログリー、3rd Party Cookieに依存しないコンバージョン計測方法を開発

計測方法

ログリー株式会社が提供するコンテキストマッチ型ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」(*1)において、3rd Party Cookieに依存しないコンバージョン計測方法を開発した。これにより、ITP(*2)強化により計測が困難となった該当ユーザーのコンバージョン計測を補うことが可能となる。

また、各ASP・効果計測ツールとのポストバック連携を強化し、さらなる計測乖離防止に努めていく。

ITPの強化により生じる課題

ユーザーのプライバシー保護の観点からITPが強化され、iOS14以降のバージョンでは3rd Party Cookieによるユーザートラッキングが抑止されている。これにより広告をクリックしたユーザーのトラッキングが無効になり、該当ユーザーのコンバージョン計測が困難になった。

「LOGLY lift」においても、膨大な掲載媒体からコンバージョンに応じてCPA改善運用を行うため、正確なコンバージョン計測が必要とされる。しかしながら、ITPの強化により実際のコンバージョン件数が確認できない状態での運用を余儀なくされ、CPAの悪化や配信ボリュームの低下につながっていた。

1st Party Cookieによる計測が可能に

今回開発した機能は、ユーザートラッキングに固有IDと1st Party Cookieを利用する手法で、これまで3rd Party Cookieでのトラッキングが困難だったユーザーのコンバージョン計測を補うことが可能となる。

図1:計測方法

図1:計測方法

ASP・効果計測ツールとのポストバック連携を強化

さらなる計測乖離防止施策として、ITPに対応しているASP・効果計測ツールの成果を当社の運用画面に反映させるポストバック連携を強化した。
現在、14社とのポストバック連携が完了している。

図2:連携サービス一覧


図2:連携サービス一覧

これらの取り組みにより、リアルタイムに正確なコンバージョン数を当社管理画面に反映し運用することで、最適化が促進され、CPAの改善に期待できる。
ログリーは今後も、情勢に合わせたアドネットワークの特性を最大限活用いただくための開発・連携を推進していく。

用語説明

*1 LOGLY lift
「LOGLY lift」は、独自の自然言語処理技術と機械学習技術を用いて関連性の高い記事・広告を配信する日本初のネイティブ広告プラットフォーム。

ネイティブ広告は、デザインとユーザー体験を編集コンテンツと一致させる広告手法だ。出版社や新聞社、ポータルサイトなど月間300億インプレッションを超える数多くの媒体を保有し、媒体のデザインに合わせたウィジェット内の一部からユーザー体験に合わせた広告配信を実現できることから、ブランド認知、ブランドとの親和性の高い新規顧客の獲得・育成に適している。

Cookieを使用せずにユーザー属性を推定する特許技術(特許:第6511186号)を用いた広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」や、独自のコンテキスト解析技術を応用した新型配信ロジック「インテントキーワードターゲティング」など、今後も広告業界の情勢に合わせたプロダクトの開発・提供をしていく。

*2 ITP
Intelligent Tracking Preventionの略称で、Apple社が2017年にプライバシー保護とセキュリティ強化を目的にiOS/macOSに実装した機能で、Safari内においてCookieの働きを制限することで、サイト間のトラッキングを抑制する機能だ。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner