• HOME
  • CATEGORY
  • ニュース
  • 過去30年以上の食卓データを定額で検索できる「MRSメニューセンサス Webサービス版」が提供開始
Menu Census(メニューセンサス)のロゴ

過去30年以上の食卓データを定額で検索できる「MRSメニューセンサス Webサービス版」が提供開始

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

株式会社マーケティング・リサーチ・サービスは、食品の開発や販促に不可欠な食卓の時系列データがWeb上で簡単に利用出来る「MRSメニューセンサス Webサービス版」の提供を2020年4月27日(月)より開始開始した。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、家庭で食事をとる機会が増えた3~4月のデータを含む最新の調査データ(2019-2020年調査)は8月以降にご利用が可能となる。

MRSメニューセンサス Webサービス版の画面

 

【URL】 https://www.mrs.co.jp/news1/20200427_news_detail.html

以下、リリース詳細:

「MRSメニューセンサス Webサービス版」の3つの特徴

  1. 1984年から30年以上に渡る食生活のデータ(いつ/だれが/何を/何回食べたのか)
  2. 専用ソフトは不要、インターネット接続さえあれば使用可
  3. 集計軸(主婦年代など)とメニュー名または材料名を指定するだけのシンプル設計

集計軸

「MRSメニューセンサス Webサービス版」誕生の背景

当社の「MRSメニューセンサス」は1978年から40年余り継続している唯一の“家庭の食卓調査”です。日本の家庭の食生活の時系列変化を捉えることができるデータとして、長年食品業界に貢献してきました。この度、専用ソフトのインストールなしに定額制で簡単に利用できるサービスを開発することで、さらに利便性を向上しました。

「MRSメニューセンサス」の調査概要等は https://www.menucensus.com/ をご確認ください。

「MRSメニューセンサス Webサービス版」の使い方・利用シーン

Web上の検索画面で表示された集計結果はcsv形式でダウンロードして自由に加工

「家庭内で、いつ/だれが/何を/何回食べたのか」が把握できるので、商品開発においてターゲット層や食シーンの設定に利用できます。また、メニューと材料(調味料・食材)の出現回数の推移から、現在の市場規模感、及び、今後のトレンド予測をすることができます。Web上の検索画面で表示された集計結果はcsv形式でダウンロードして自由に加工できるので、企画書作成などに便利に活用できます。

「MRSメニューセンサス Webサービス版」製品概要

価格:月額5万円~。4つのコースをご用意
利用方法:まずは2週間の無料トライアルから!HPお問い合わせフォームよりご連絡ください
URL:https://www.mrs.co.jp/contact/

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事