レポート:マーケターの57%がマーケティングオートメーションの統合によってキャンペーン効果の向上を望んでいる

新しいレポートによると、マーケターがマーケティングオートメーションの統合戦略を開発し始めると、特定の目的を念頭に置いて行っているという。

Ascend2が最近発表した「Marketing Automation Integration」調査によると、[optinlocker]

マーケターの大多数(57%)は、マーケティングオートメーション統合戦略を通じてキャンペーンの効果を高めたいと考えている。約53%がマーケティングと販売の連携を改善したいと考えており、49%が品質のリードジェネレーションを改善したいと考えている。

マーケティングオートメーション統合戦略の主な目的は何か

マーケティングオートメーション統合戦略の主な目的は何か

マーケターの大多数は、マーケティングオートメーション統合戦略がある程度成功したと感じている。約55%の回答者が計画は「いくぶん」成功していると答え、クラス最高の回答者の40%が計画は「非常に成功した」と答えた。

マーケティングオートメーション統合戦略を成功させるための最大の課題として、セールスとマーケティングの連携の欠如(49%)が挙げられている。

営業とマーケティングの連携の実現

以前の調査によると、マーケティング担当者にとって、営業とマーケティングの連携はかなり前から課題となっていた。

Sojourn SolutionsとEconsultancyは「2019 Marketing Operations Maturity Benchmarking Report」を出版し、統計によれば、トップパフォーマンスのマーケター「ほとんど」(41%)の大多数は、財務目標、顧客の成功、組織構造に関する売上と一致している。しかし、45%の回答者は、財務目標、組織構造、および顧客の成功に関する売上と「いくぶん」しか一致していない、またはまったく一致していないと答えている。

最も業績の良いマーケター(43%)の多くは、組織全体の利害関係者と「完全に」連携し、協力して仕事をしていると述べているが、他のマーケターの23%しか同じことを主張できないという現実が浮かび上がった。

参考

Report: 57% of Marketers Want to Improve Campaign Effectiveness through Marketing Automation Integration

[/optinlocker]

【関連記事】