調査:B2Bマーケティング担当者の43%がコンテンツ戦略を言語化している

調査:B2Bマーケティング担当者の43%がコンテンツ戦略を言語化している

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

B2Bマーケティング担当者は、コンテンツを最大限に活用するために常に戦略を練っていますが、新しい調査によると、計画を立てているマーケッターにとっては、それが実を結んでいることが明らかになっています。

コンテンツマーケティング・インスティテュート(Content Marketing Institute)は先日、「11th Annual B2B Content Marketing Benchmarks, Budgets and Trends」レポートを発表し、B2Bマーケティング担当者の43%がコンテンツマーケティング戦略を言語化していることを明らかにしました。しかし、「最も成功している」B2Bマーケティング担当者の60%が言語化された計画を持っており、機転を利かせたアプローチが効果的であることを示唆しています。

全体的な成功については、ほとんどのB2Bマーケッター(54%)が、過去12ヶ月間のコンテンツマーケティングの取り組みで少なくとも「中程度の成功」を収めていると回答しています。過去12ヶ月間のコンテンツマーケティングの成功要因として、B2Bマーケティング担当者が挙げた要因としては、コンテンツの価値(83%)が最も多く挙げられています。

マーケティングデータを活用するための戦略

コンテンツの観点から戦略を立てることは、多くのマーケティング担当者にとって有益であることが証明されていますが、データに対しても同様のアプローチをとることで利益を得ることができることが、これまでの調査で明らかになっています。

Ascend2は最近、「Using Data to Make Better Marketing Decisions Survey」を発表しましたが、統計によると、ほとんどのマーケティング担当者(45%)が現在、統一的なマーケティングデータ戦略を持っていることがわかりました。そのうち32%近くが計画を持っていませんが、将来的には計画があるといいます。

データ戦略を導入しているマーケターの約63%が、少なくとも “ある程度成功している “と回答しています。回答したトップクラスのマーケティング担当者のほぼ31%が「非常に成功している」と答えています。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事