無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

マーケティング担当者の45%が、キャンペーンの半数以上がコンテンツドリブンであると回答

マーケティング担当者の多くは、コンテンツを戦略の一部として活用することのメリットをすでに認識しており、新しい調査によると、近い将来も引き続きコンテンツを自社の重要な戦略として実施していく予定であるとしている。

World Media Groupが最近発表した「The Future of Global Content-led Marketing」レポートによると、マーケターの45%が現在取り組んでいるキャンペーンの半数以上がコンテンツドリブンであると主張している。マーケティング担当者の78%が、コンテンツマーケティングへの投資は今後二年間で増えると考えている。

マーケターの45%が現在取り組んでいるキャンペーンの半数以上がコンテンツ主導であると主張

興味深いことに、同調査によると、動画は時間の経過とともにコンテンツの面でリードする可能性があるという。マーケティング担当者の69.3%は、今後12カ月間にどのような種類のコンテンツをより多く利用する可能性が高いかという質問に対して、ショート動画を挙げている。

2020年は動画マーケティング予算が増えるかもしれない

これは、動画がコンテンツマーケターの間でより主流になるかもしれないことを示唆する初めての調査ではない。

[clink url=”https://marketimes.jp/video-email-marketing-statics-data-and-strategy/”]

Pixabilityが発表した「2019 State of Digital Video」レポートによると、大多数の企業がマーケティングチームのビデオ予算を1〜10%増やし、制作面での柔軟性を高めたいと考えている。約20%の組織が、この予算を10%以上増やすかもしれないと述べている。

マーケティング担当者が動画コンテンツを投稿するために使用するプラットフォームに関しては、Facebookがリードしており、90%がこのチャネルを通じて動画キャンペーンを実施していると述べている。

[clink url=”https://marketimes.jp/video-content-marketing-future/”]

【参考】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料