ビデオストリーミングの市場規模、2019年に426億米ドル到達

ビデオストリーミングの市場規模、2019年に426億米ドル到達



株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ビデオストリーミングの世界市場:分析および予測」 (Grand View Research, Inc.) の販売を6月11日より開始した。

以下、プレスリリース内容:

ビデオストリーミングの市場規模は、2019年に426億米ドルに達し、2020年から2027年までCAGR20.4%で成長すると予想されています。動画の品質を向上させるブロックチェーン技術や人工知能(AI)などの革新が市場の成長を後押しすると予測されています。AIは、編集、映画撮影、ナレーション、脚本、その他の動画制作とアップロード作業の側面で重要な役割を果たしています。様々なビデオストリーミングのプロバイダーは、動画のコンテンツ品質を向上させるためにAIを利用しています。最近では、放送メディアよりも、YouTubeやNetflixなどの媒体の人気が高まっています。さらに、ブランディングやマーケティングのためのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)およびその他のデジタルメディアの人気の高まりにより、携帯電話の急速な普及が市場を牽引すると予想されています。

北米と欧州では、動画コンテンツの視聴者を拡大するためのクラウド環境の利用が増加しており、市場の需要を押し上げています。継続的な技術の革新と進歩は、卓越した動画品質、パフォーマンス、セキュリティに対するユーザーの期待に応えることが望まれています。例えば、2019年4月、Akamai Technologiesは2019年のNAB Show(米国)で、高品質のデジタル体験を提供する取り組みを発表しました。

様々な業界でのデジタルメディアの導入により、視聴者のストリーミング環境やサービスへの注目が高まっています。例えば、2019年11月には、AppleがTV+サービスを開始し、オンラインビデオカスケード業界に参入しました。2019年6月には、Wowza Media Systemsが、ビデオ関連のソリューションプロバイダー向けのプロフェッショナルサービスの完全版を発表しました。2019年3月、Alphabetの子会社であるGoogleは、ゲームハードウェアとともにゲームストリーミングサービスを搭載したクラウド型ゲーム機「Yeti」を発表しました。

この領域における技術的な進歩とサービスプロバイダーの増加は、この分野における既存の大手企業に脅威をもたらしています。テレビによるストリーミングサービスは、テレビサービスプロバイダがNetflixのような既存の主要プレーヤーから収益シェアを獲得するために最も急速に成長している分野です。例えば、2019年7月、AT&T Intellectual Propertyは、人々がオンラインでテレビを見ることを奨励するために、「AT&T TV」という新しいストリーミングサービスを開始しました。同様に、2018年4月には、AmazonとGoogleが提携し、AmazonのFire TVにYouTubeの公式アプリを提供しました。テレビやその他のエンターテイメントコンテンツのためのこれらのサービスは、市場における既存の主要プレーヤーを脅かすと予想されています。

教育・学術分野では、ウェビナーや各コースのビジュアル録画など、学習プロセスを強化するために動画を効果的に利用することができます。視覚的な録画は、学生が情報を保持する能力に大きな影響を与えます。そのため、学校、大学では、マルチメディアの情報を作成し、ビデオプレゼンテーションの形で配信しています。このような情報の増加やアクセスの容易さ、モバイルデバイスの需要の高まり、インターネットの普及などが、教育を目的としたこれらのサービスの利用に影響を与えています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/grvi748453-video-streaming-market-analysis-report-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事