マクロミル、デジタル広告事業を開始 130万人の消費者パネルを利用し広告・宣伝領域をワンストップで支援

マクロミル、デジタル広告事業を開始 130万人の消費者パネルを利用し広告・宣伝領域をワンストップで支援

株式会社マクロミルは、同社が構築した130万人の消費者パネルから得られる多様なデータ基盤を活用し、プランニング、広告配信、効果測定に至るまで、顧客企業のマーケティングにおける広告・宣伝領域をワンストップで支援するソリューションを開発した。

今回、そのソリューション提供を行うデジタル広告事業「Macromill Ads(マクロミル アズ)」を本格的に開始したことを同社は発表した。

自社パネルからの膨大なデータを活用し、効果的な広告配信を行うことが可能

同社はこれまで、自社で構築した国内で人口の約1%に相当する130万人を超える大規模な消費者パネルを強みに、意識データや様々な行動データ、生体情報データを取得し、それらを属性データと紐づけて一元的に管理・提供することで、顧客企業のマーケティング活動を支援してきた。

プライバシー規制が厳しくなり、データの取扱いがより困難になっていく流れの中でも、当社ではそのデータの利活用の同意が取れている自社パネルからの膨大なデータを活用し、効果的な広告配信を行うことが可能。

デジタル広告事業「Macromill Ads」

同社がこれまで培ってきた、マーケティング施策の立案に向けた定量・定性調査や施策の効果測定などの知見を活かすことに加えて、実際の広告配信から運用までの一連のプロセスを、 Macromill Ads Targeting、 Macromill Ads Brand Optimizerの2つのソリューションによって提供し、広告・宣伝領域におけるPDCAを一気通貫で支援する。

広告領域の課題と提供ソリューション

マクロミル、デジタル広告事業を開始 130万人の消費者パネルを利用し広告・宣伝領域をワンストップで支援

(1) Macromill Ads Targeting

当社が実施したリサーチや、購買データなどの多様な行動データによって抽出した任意の顧客企業のターゲットセグメントに対して、デジタル広告を配信するソリューション。

独自の統計技術や、自社パネルから使用許諾を得ているファーストパーティデータを用いて、プライバシーに配慮した上で各広告配信プラットフォーム上でターゲットセグメントのオーディエンスを構築し、デジタル広告を配信する。

(2) Macromill Ads Brand Optimizer

マクロミル独自のリサーチツールであるリアルタイム調査を基に、逐次的に測定するブランド認知度や広告認知度などの意識調査の結果に連動して、デジタル広告配信の運用を最適化するソリューション。

これにより、CPCやPCA等の従来の「パフォーマンス指標」による配信ではなく、広告認知率や商品認知、購入意向などの「ブランド指標」を基にデジタル広告を最適化し、配信することができる。

【プレスリリース】

 

【関連記事】