第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

インターネット広告市場は、2027年までに1503.20百万米ドルに

Astute Analytica社が2021年9月22日に発表した新しいレポートによると、予測期間中、モバイルセグメントは25.6%の最高成長率を記録すると予想されている。
世界のインターネット広告市場は、2027年までに1,503.20百万米ドルに達すると予想され、予測期間中に24.7%のCAGRで成長すると見込まれている。

GLOBAL INTERNET ADVERTISING MARKET
レポート: https://www.astuteanalytica.com/request-sample/internet-advertising-market

インターネット広告は、インターネットをプラットフォームとして使用し、顧客にプロモーションやマーケティングメッセージを送信する。世界的なインターネットユーザーの継続的な増加は、オンラインインターネット広告市場の成長を促進する最も重要な要因の一つである。企業は、バナー、ペイパーコール広告、ペイパークリック広告、ポップアップなどのインターネット広告を、電子ニュースレター、検索エンジン、適切なウェブサイト、オンライン雑誌や新聞などを通じて使用し、適切な顧客に適切なタイミングでアプローチする。

世界的なインターネットの普及率の継続的な増加は、インターネット広告のための大きな機会を提示している。また、ソーシャルメディア・ブロガーの増加傾向は、近年、若い人々の大きな関心を集めており、その結果、インターネット広告の効果が高まっている。

一方、発展途上国や低開発国では、インターネット利用に関する技術的な認識が不足していることが、市場の成長を妨げている。

市場のプレイヤーは、クライアントの要求に応えるために、インターネット広告プラットフォームに追加機能を提供するために、かなりの数の投資を行っている。

グロース・インフルエンサー

世界的なインターネットユーザー数の継続的な増加により、インターネット広告の需要が高まっている

インターネット広告市場の成長を促す最も重要な要因の一つは、スマートフォンの普及に伴うインターネットユーザー数の増加である。また、5G技術の導入により、今後数年間でインターネット利用者数のさらなる増加が見込まれている。

Covid-19のパンデミックが今後数年間で広告プラットフォームに変革をもたらす

世界的にコロナウイルスの感染者が増加していることから、世界の様々な国で完全なロックダウンが行われている。これにより、物理的な市場がデジタル空間へと変化した。消費者の関心はオンラインショッピングに移っている。これは、企業によるインターネット広告の使用の驚異的な増加をもたらした。

高齢者のオンラインショッピングに対する意識の低さが市場の成長を阻害すると予想される

高齢者のオンラインショッピングに対する意識の低さや、スマートフォンやノートパソコンの使用が、市場の成長を妨げる最も重要な要因の一つである。また、高齢者の購買行動は、従来の広告媒体に偏っており、市場成長の妨げとなっている。

マーケット・セグメンテーション

世界のインターネット広告市場は、プラットフォーム、広告モデル、広告フォーマット、広告タイプ、企業タイプ、産業バーティカルに分類されている。

プラットフォーム別

  • モバイル
  • デスクトップおよびラップトップ

プラットフォーム別では、モバイル分野の成長率が最も高く、予測期間中のCAGRは25.6%となる見込みである。

広告モデル別

  • CPM
  • パフォーマンス
  • ハイブリッド

2020年には、パフォーマンスセグメントが約65%の最大シェアを占めた。このセグメントは、予測期間中もこの優位性を維持すると予想される。 一方、ハイブリッド・セグメントは、予測期間中に24.6%という最高の成長率が見込まれている。

広告フォーマット別

  • 検索
  • バナー
  • ビデオ
  • その他(クラシファイド、リードジェネレーション、オーディオ)

広告フォーマット別では、検索分野がインターネット広告市場の45%以上のシェアを占めている。一方、動画分野は、予測期間中、26.3%の高いCAGRで成長すると予測されている。

広告タイプ別

  • ディスプレイ広告
  • モバイル広告
  • 検索エンジン広告
  • ソーシャルメディア
  • 広告
  • ハイブリッド
  • その他

広告タイプ別に見ると、2020年には検索エンジン広告が最大の市場シェアを獲得した。一方、モバイル広告は、予測期間中に最も高い成長率を示すと推定される。

企業規模別

  • 大企業
  • 小規模企業

中型の企業企業規模別に見ると、2020年には大企業セグメントが最大の市場シェアを獲得し、予測期間中もこの優位性が継続すると推定される。

産業分野別

  • 自動車関連
  • ヘルスケア
  • メディア・エンターテインメント
  • BFSI
  • 教育
  • 小売・消費財
  • 運輸・観光
  • IT・テレコム
  • その他

産業分野別に見ると、2020年のインターネット広告市場では、メディア・エンターテインメント分野が圧倒的なシェアを占めており、予測期間中もこの優位性を維持することが予想される。

地域別カバレッジ

地域別に見ると、世界のインターネット広告市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米に分けられる。
アジア太平洋地域は、予測期間中、成長率の点で世界のインターネット広告市場を支配している。アジア太平洋諸国におけるインターネットユーザー数の増加が、この優位性をもたらしている最も重要な要因の一つである。この地域は、2020年には約25%の市場シェアを獲得すると予想されている。

地域別カバレッジ

競合他社の分析

市場で機能している著名なプレイヤーは以下の通り。Adobe Systems Inc.、Alibaba Group Holdings Limited、Amazon Web Services, Inc.、Baidu, Inc.、Facebook, Inc.、Google LLC、Hulu LLC、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、Twitter Inc.、Verizon Communication Inc.などが挙げられる。上位5社の市場占有率は、2020年には約71%となった。

続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/internet-advertising-market

Astute Analyticaについて

Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきた。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っている。

同社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがある。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れる。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからである。

要するに、完全なパッケージなのだ。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことである。私たちの優先順位は、お客様を最優先としている。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に入れることができる。

【プレスリリース】

【関連記事】