オンライン動画の急成長に伴い、IACからVimeoがスピンオフ

オンライン動画の急成長に伴い、IACからVimeoがスピンオフ

  • IACInteractiveは、パンデミック中のオンラインビデオプラットフォームの急成長の中で、Vimeoを独立した公開企業としてスピンオフしている。 スピンオフは、株主の承認を経て、来年第2四半期に完了する見通し。
  • Vimeoの第3四半期の収益は前年同期比44%増の7510万ドルとなり、ビデオ共有プラットフォームはIACが保有する最も急速に成長しているビジネスの1つとなった。同期間の収益は12%増の7億8840万ドルとなった。Vimeo のグローバル加入者ベースは 21% 増加して 146 万人となり、四半期報告書による加入者あたりの平均収益は 22% 増加した。
  • IACの追跡データによると、Vimeoの年間収益成長率はパンデミックの発生に伴い回復し、3月の29%から4月には46%に急上昇し、それ以来毎月40%を超えている。発表によると、Vimeoは、IACとその前身がスピンオフする11社目の企業となる。

スピンオフとは、スピンアウト/会社分割/分社化とも呼ばれ、会社の一事業部門を分離独立させ子会社を作ることを指します。通常、子会社の株は親会社の株主に分配されます。元の組織や会社との関係が切れるものをスピンアウト、元の会社の支配下にはないが関係を持ち続けているものをスピンオフと呼び分ける場合もあります。

出典:M&A用語集

Vimeoのスピンオフは、設備投資と将来の成長を支援するために、ビデオプラットフォームが資金源により直接アクセスできるようにすることを目的としている。

Vimeoは先月、テクノロジー投資会社のThriveCapitalと、シンガポールのソブリン·ウェルス·ファンドであるGICから、ビデオ·プラットフォームを27億5000万ドルに評価する取引で1億5000万ドルを調達した。この資金調達は、Vimeoが来年上場する際に財政基盤を強化するのに役立つ。

Vimeoは2004年に、作品を共有したい映画制作者のためのビデオホスティングプラットフォームとしてスタートし、その後世界中の数百万人の会員に拡大している。Vimeoは、高品質のビデオホスティング、ライブストリームイベント、一部のメンバーの広告無料視聴などのサービスメニューの購読から収益を得ている。 同社のウェブサイトによると、プラットフォームはビデオのプレロール広告、ミッドロール広告、オーバーレイ広告を実行しないが、一部のページのビデオプレーヤーの下に表示される広告は制限されている。

マーケティング担当者はVimeoを使用して、ビデオを広告としてラベル付けすることなく投稿でき、最も忠実な顧客の間でフォローを獲得することができる。Vimeoはまた、他のいくつかのビデオ共有プラットフォームよりも創造的な制御を可能にし、ブランドが自社のロゴをビデオに表示することを可能にする。

これを使用すると、コール·ツー·アクションへの応答を促進したり、将来のプロモーションのための電子メール·リストを作成したりすることができる。インフルエンサーとスモールビジネスのために、Vimeoは購読を通して、またはスポンサーと提携することによって彼らの創造的な努力を収益化する方法を提供する。これらの個人スポンサーはマーケティング担当者にインフルエンサーキャンペーンの観客を獲得する手段を与えている。

Vimeoのサブスクリプションベースの機能は、GoogleのYouTubeと差別化している。YouTubeは有料会員向けに広告なしの階層を持っている。しかし、YouTubeはほとんどの場合、視聴者が無料で視聴できるビデオの前や途中に表示される広告を販売することで収益を得ている。

YouTube は Google にとって収益成長の重要な原動力となっている。YouTubeの第3四半期の広告収入は、前年同期比32%増の50億ドルとなり、Googleの9.8%増の371億ドルを上回る成長率となった。

参考 Vimeo to be spun off from IAC amid rapid growth of online videoMARKETING DIVE

【関連記事】