取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

CARTA COMMUNICATIONS、テレビ視聴データの活用を開始 新たな統合支援サービスを展開

 CARTA COMMUNICATIONSは、同社が展開するクッキーレスに対応した企業のデジタルマーケティング支援サービス「Data Dig」において、SMNの提供する「Connected TV Data Bridge DMP」を活用した配信・分析サービスを開始したと発表した。視聴データを活用した各メディアへの広告配信や、オンライン・オフラインを横断した統合的なマーケティング施策を実行する。

 広告配信においては、SMNの保有するテレビ番組やCMの視聴データといったデジタルメディアの接触データを基に、ユーザーの視聴傾向を活かした各種広告プラットフォームへ広告を配信。より的確なターゲットに向けた、効率的な広告配信を実現する。TV視聴データを活用した各メディアへの広告配信

 統合分析においては個人情報と分離されたデータクリーンルーム環境と連携することで、TV視聴データからユーザー属性を可視化し、オンラインとオフラインメディアを横断した分析を行う。

オンライン・オフラインメディア横断の統合分析

 

【関連リンク】

【関連記事】