email marketing tips

高いEメール開封率を実現し続けるためにスペシャリストが実践する戦術

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Validity and Demand Metricの最近の調査によると、開封率が平均よりも高いEメールを配信するマーケティング担当者は、Eメール配信の最適化、A/Bテスト、再アクティベーションキャンペーンに特に依存する傾向があるという。

このレポートは、293人のEメールマーケターを対象に2019年6月27日〜2019年年7月19日の間に実施された調査データに基づいている。

ほとんどの回答者(57%)は、一括メールキャンペーンの平均開封率は15%以下であり、最大のシェア(27%)は平均開封率が11%から15%の間であると報告している。

すべての回答者が使用している最も一般的なEメール最適化手法は、パーソナライズ(72%使用)である。

平均的な電子メールの開封率が基準を上回っている回答者(平均開業率16%以上の企業)は、人工知能以外のあらゆる最適化手法を使って改善を実施する。

平均開封率が基準より高い回答者は、Eメール配信の最適化(他の送信者と比較して+18ポイント)、A/Bテスト(+15ポイント)、および再有効化キャンペーン(+10ポイント)を活用する傾向が特に高くなる。

参考

The Email Tactics Used by Senders With High Open Rates

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事