Webマーケティングスクールおすすめ特集

マーケティング担当者が検索広告を続々停止、第2四半期の検索広告費は29%急落する可能性

検索広告

  • eMarketer社がコロナウイルスの大流行の影響を考慮して予測を修正したところによると、米国における検索広告費は2020年上半期に8.7%から14.8%減少する可能性があるという。この減少額は、同社が以前予測していたよりも60億ドル〜80億ドル少ない。
  • 第2四半期だけでも、旅行やメディア、エンターテインメントといったカテゴリのマーケティング担当者が予算を引き締めているため、検索広告支出は前年同期比で20.2%〜29.4%減少する可能性がある。ほとんどの広告主は、何らかの形で検索広告の支出を引き下げることが予想されますが、キーワード入札によって、ディスプレイ広告と同様に検索での急な価格下落はない。
  • eMarketer社によると、検索は通常、景気後退を乗り切るのに適しているが、流行時には店舗内のトラフィックのようなコンバージョンを促進することは難しいため、検索エンジンの順位が低いことが問題点となる可能性があるという。また、検索キャンペーンはいつでも一時停止したり中止したりすることができる。

検索はデジタル経済のかなりの部分を牽引し、マーケティング予算の大部分を占めているため、この分野への大打撃は業界の他の部分に暗い影響を与えています。3月6日に発表した前回の予測では、eMarketerは検索広告支出が2020年に14.4%成長すると予想していましたが、今ではそれらの数字が覆されています。

[clink url=”https://marketimes.jp/research-emarketer-ad-speding-down-2020/”]

パンデミック時にどのように広告を出すかという不確実性と、業務上のプレッシャーの増大により、一部の企業はマーケティングを全面的に凍結しています。コカ・コーラは先月、第2四半期までの英国でのマーケティングをすべて停止しました。ホームレンタルのスタートアップAirbnbはすべてのマーケティング支出を停止しました。旅行業界は2019年時点で米国でのデジタル広告費総額の8.4%を占めており、以前のeMarketer社の予測では、全体で6番目に大きいとされています。

しかし、何かの恩恵を受けている企業でさえ、検索へのアプローチを調整しています。例えばアマゾンは、製品不足やサプライチェーンや倉庫の問題に直面しているため、余分な需要を喚起しないように、Google検索広告を削減しているとeMarketer社は述べています。eコマースは、検索広告支出の大部分を占めています。

テック大手はパンデミックに耐えられるように準備されていますが、ビジネスへの打撃は深刻なものになるでしょう。最大の検索エンジンを運営するGoogleは、Cowen & Co.の最近の見積もりによると、コロナウイルスのために2020年に286億ドルの収益を失う可能性があります。

【参考】

【関連記事】