SEOへの影響は?Google社、URLを含まない検索結果表示をテスト中

Googleは、検索結果からURLを完全に削除し、代わりにウェブサイト名のみを表示するテストを行っているようです。
これを発見したのはRedditユーザーで、以下のスクリーンショットをスレッドで共有しています。

URLを含まない検索結果表示の例

比較のために、URLを表示したときの検索結果の一部を以下に示します(この違いを丸で囲んで、わかりやすくしています)。

URLを含む検索結果表示の例

Googleは数カ月前にブレッドクラム (階層リンク) を導入して以来、徐々に完全なURLを表示しなくなってきています。どうやらGoogleは、URLを完全に削除してドメイン名さえ表示しないようにすることの効果をテストしているようです。

Redditのあるユーザーがスレッドで述べているように、この変更の最大の懸念は、検索結果に表示されるウェブサイトの正当性を検証できるかどうかです

「ドメイン名さえ表示されない検索結果の時代に、Googleはどうやってフィッシングサイトが偽装しようとしている企業の名前を使わないようにするつもりなのか?さらに悪いことに、Googleはフィッシングサイトがこの検索結果のドメイン不足を利用して、パスワードやクレジットカード番号、その他あらゆる種類の機密情報を人々に漏洩させていたことを発見した後、これを撤回しなければならないのかもしれない。」

別の見方をすれば、検索結果からURLを削除しても、SEO的にはあまり変化しないだろうし、完全に一致するURLの価値が変わる可能性さえある。

別のRedditユーザーの意見を紹介します。

「SEOの観点から見て、これが大きな変化をもたらすとは思わない。これにより、従来のtldと現在のtldの間でユーザーの認識が正規化されます。なぜなら、ユーザーはURLの認識された信頼性に基づいて、何かをクリックするかどうかを無意識に判断できないからです。

基本的に、ニッチ市場に参入しようとする新しいドメインにとっては良いことだと思う。これは、特定のURLの知覚された「虚栄心」の価値を下げることになります。これは、基本的にURLが取られる環境では良いことです。」

もしこれがクリックスルー率の点でウェブサイトにマイナスの影響を与えることになれば、Googleが恒久的で広範囲な変化をもたらすことはなさそうです。ただし、それはGoogleのテストによって決定されます。

今後の動向が気になるところです。

参考:Google is Testing Search Results Without URLs


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. Googleのモバイルでのテキストカルーセル広告

    Google社、モバイルでのテキスト広告のカルーセルをテスト中

  2. SEOツール10選

    【SEO対策】国産より圧倒的に高性能!海外で人気の無料SEO解析ツール10選

  3. Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に

    Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に

  4. Googleモバイル検索結果表示内容の画像サムネイル使用増加の記事にアイキャッチ画像

    Googleがモバイル検索結果のスニペットで画像サムネイルを積極的に使用

  5. SEOキーワードとコンテンツアイデアを調査できる無料ツール「AnswerThePublic」

  6. 混合コンテンツのブロック

    Google Chrome、2019年12月より混合コンテンツをブロック

  7. Google検索のメニューアイコン

    Googleがアイコン付きの新しい検索メニューを発表

  8. Google RankBrain

    Google RankBrain 完全ガイド 2019年版|今のSEOは滞在時間や離脱率も重要?

  9. SEOは死んでない

    SEOは死んでいない、ただいろいろな姿に変化するだけ

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP