• HOME
  • CATEGORY
  • 解説・コラム
  • 【SEO】Google、注目のAI検索アップデートを発表|BERT / パッセージインデックス / サブトピックス / 動画 etc
Google、AI検索のアップデートを発表 - 「BERT / Passages Indexed / Subtopics / Video etc」

【SEO】Google、注目のAI検索アップデートを発表|BERT / パッセージインデックス / サブトピックス / 動画 etc

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Googleは、Googleが検索結果でどのサイトをランク付けするかに影響を与える重大な変更を発表した。

いくつかの変更は検索の10%に影響を与えるものもあれば、7%に影響を与えるものもある。BERT アップデートは、昨年は10%の影響しかなかったのに対し、現在では、ほぼ100%の検索に影響を与えている。

いくつかのアップデートは年末までに行われる予定だという。その他のものはすでに検索結果に反映されている。

今回発表されたアルゴリズムの改善の多くは、検索結果に多様性を生み出す可能性が高く、SEOにとってはさらに難しいものになりそうという見方が強い。

先日のPubConの基調講演で、Googleの ジョン・ミューラー 氏は、近い将来SEOがより難しくなるとストレートに予測した。

Google BERT、今や100%近くに

最も明らかになったことの1つは、Googleがほぼすべての検索クエリでBERTを採用していることだ。

BERTは自然言語処理の事前訓練のための技術で、Googleが周囲の単語の文脈の中で単語を理解するのを助ける。Googleは、BERTはGoogle検索が検索クエリの意図をよりよく理解するのに役立つと述べている。

BERTが発表された時には、検索クエリの10%、特に長いタイプの検索クエリで使用されていると言われていた。

今後、BERTはほぼすべての英語検索クエリに影響を与えることになるだろう。

Googleは下記のように述べている

“今日、BERTが英語のほぼすべてのクエリで使用されるようになり、質問に対してより質の高い結果を得ることができるようになったことを共有できることに興奮しています。”

新しいスペルチェックアルゴリズム

Googleはまた、スペルミスのある単語をよりよく理解するためのスペルチェックアルゴリズムも発表した。Googleによると、この5年間で最大のスペルミスの改善になるという。

このアルゴリズムを興味深いものにしているのは、Googleがスペルミスのある単語の文脈を理解するのに役立つ点だ。

パッセージインデックス

これは、Googleの検索結果ページ(SERP)に最も目に見える影響を与えるかもしれない重要なアップデート。Googleは現在、ウェブページそのものではなく、ウェブページ内のパッセージ(一節)をインデックスするようになった。

パッセージというと少しわかりにくいイメージだが、つまりWebページ自体の文章の一部をインデックスするということである。

つまり、基本的には、検索クエリを返す際に、ウェブページのパッセージはウェブページそのものとして扱われることになるということだ。Googleによると、これは検索クエリの7%に影響を与えるという。

WebページのパッセージをGoogleランキングに表示するスクリーンショット

パッセージインデックスの例

検索結果の前後に、Googleがウェブページではなくウェブページからのパッセージ(一節)をどのようにランク付けするかを示すスクリーンショット。

このアップデートでGoogleは、クエリに対する答えがコンテンツの奥深くにあるページを表示できるようになった。

サブトピックス

これもまた、幅広い検索フレーズと一般的な検索フレーズの検索クエリがどのようにランク付けされるかに劇的な影響を与える可能性のある分野です。「家庭用運動器具」のような幅広い検索クエリは、人によって様々な意味を持つことがあります。

それは、人々が「ジャガー」を検索するときに何を意味するのかを理解しようとしているようなものです:それは車なのか、動物なのか、サッカーチームなのか?

2020年末までに予定されているこのアップデートでは、幅広い検索クエリに対応する多様なウェブページが表示される。

例えば、サブトピックのランキングでは、トラフィックの多い幅広いキーワードフレーズのランク付けが難しくなる。

しかし、特定のサブトピックに最適化している企業にとっては有益であり、トラフィックの高いサブトピックにランクインする機会は決してないだろう。

したがって、幅広いトピックで競争している場合は、サブトピックページが適切に最適化されていることを確認する必要がある。

Googleの説明は以下の通り。

“興味のある分野のサブトピックを理解するためにニューラルネットを適用したことで、幅広い分野を検索した際に、より多様なコンテンツを提供できるようになりました。

例えば、”家庭用運動器具 “と検索した場合、低価格の器具、高級品、小さなスペースのアイデアなど、関連するサブトピックを理解し、検索結果ページに幅広いコンテンツを表示することができるようになりました。今年中にはこの機能を展開していく予定です。”

検索の10%が動画に関する変更の影響を受ける

このアップデートは10%の検索に影響する。これはSEOにとって大きな変化であり、パブリッシャーが制作するさまざまな種類のコンテンツに動画を加えることの重要性を強調している。

この変更は、上記のパッセージアルゴリズムに似ており、動画にのみ適用される。この新しいテクニックは、AIを使ってビデオ内のさまざまな箇所を理解する。

Googleは特定のトピックに関連するビデオ全体をランク付けするのではなく、ビデオを分析し、各セクションにタグを付けて内容を説明し、検索ユーザーを動画のそのセクションに直接送り込むという。

これは検索結果ページに影響を与えるだろうし、動画の制作や、セクションごとに動画を理解しやすいものにする計画にも影響するだろう。

以下、Googleの説明です。

“新しいAIドリブンなアプローチを使用して、動画の深い意味論を理解し、重要な瞬間を自動的に識別することができるようになりました。これにより、動画の中でそれらの瞬間をタグ付けすることができるので、本の章のようにナビゲートすることができます。

今年からこの技術のテストを開始し、2020年末までにはGoogleでの検索の10%がこの新技術を使用するようになると予想しています。”

検索におけるデータセット

これは、統計情報のランキングに依存していたサイトや、統計レポートを販売しているサイトに影響を与える可能性がある。この変更により、Webページをバイパスして、質問への回答として直接検索結果に統計情報が表示されるようになる。

ゼロクリックの検索結果のようなものだが、トピックをより深く発見したり、調査したりする機能も提供する。

Googleは自然言語処理を使用して、検索クエリが統計量で満たされているかどうかを理解し、データコモンズからそれを引き出して回答として表示したり、より深いトピック探索のための追加の文脈情報を表示したりする。

【参考】

Google Announces AI Search Updates – Analysis

Official Announcement of AI Changes in Google:
How AI is Powering a More Helpful Google

Google BERT announcement:
Understanding Searches Better than Ever Before

 

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事