Google社「検索エンジンのリッチリザルト適格性を確実なものするために、Googleの構造化データ要件に従いましょう」

リッチリザルトの適格性を確保するにはデータ構造の要件を満たす必要がある

Googleのジョン・ミューラー氏は、コンテンツがリッチリザルトとして表示される資格があることを確実にするために、同社の公式な構造化データの要件に従うことを推奨しています。

このトピックについては、#AskGoogleWebmastersビデオシリーズの最新版で次の質問が取り上げられました。

「[実行]Google Developersサイト(必須/推奨プロパティを含む)に従って構造化データを使用する必要があるか、またはDevelopersサイト以外のSchema.orgのプロパティを使用することはできるか。」

これに対してミューラー氏は、Google Developersサイトにリストされていない構造化データプロパティを使用してもまったく問題はないと言います。Developersサイトにリストされている構造化データは、Googleが公式にリッチリザルトとしてサポートしているもので、ウェブマスターが利用できる他の多くのタイプがあります。

そうは言っても、Googleでウェブページをリッチリザルトとして表示することを目的とするのであれば、同社の公式要件に従うことを強く推奨します。

構造化されたデータを使用することは、Webページがリッチリザルトとして表示されることを保証するものではありませんが、単にリッチリザルトとして表示される資格があることを覚えておいてください。

Googleが正式にサポートしていない構造化データ型を使用するかどうかは任意ですが、使用することもできます。構造化されたデータがリッチリザルトの形式でサポートされていなくても、Googleがコンテンツをよりよく理解し、それに応じてランク付けするのに役立つ。

ミューラー氏は次のように説明しています:

「構造化されたデータを単独で使用して、マシンが読みやすいコンテキストをページに提供することは、いつでも歓迎されます。これは常に目に見える変化をもたらすわけではありませんが、それでも私たちのシステムが関連する問い合わせのためにあなたのページを表示するのに役立ちます。」

参考:Google: Follow Our Structured Data Requirements to Ensure Rich Result Eligibility


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. 4Pとは?3Cとは?

    マーケティングの基本!3C分析と4Cとは?

  2. Googleのモバイルでのテキストカルーセル広告

    Google社、モバイルでのテキスト広告のカルーセルをテスト中

  3. SEOキーワードとコンテンツアイデアを調査できる無料ツール「AnswerThePublic」

  4. 検索エンジンとカスタマージャーニー

    コンテンツマーケティング戦略におけるカスタマージャーニーと検索の最適化

  5. 検索エンジン表示結果対策

    Google検索エンジンの検索結果表示を最適化できる人気の無料WEBサービス「SERP simulator」

  6. Googleモバイル検索結果表示内容の画像サムネイル使用増加の記事にアイキャッチ画像

    Googleがモバイル検索結果のスニペットで画像サムネイルを積極的に使用

  7. Google検索のメニューアイコン

    Googleがアイコン付きの新しい検索メニューを発表

  8. Rankguru SEO

    Macに対応している検索順位チェックアプリ「RankGuru SEO」の設定と使い方

  9. H1は有用だが重要ではない

    SEOにおいてH1タグは有用だが重要ではない

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP