Google社「検索エンジンのリッチリザルト適格性を確実なものするために、Googleの構造化データ要件に従いましょう」

リッチリザルトの適格性を確保するにはデータ構造の要件を満たす必要がある

Googleのジョン・ミューラー氏は、コンテンツがリッチリザルトとして表示される資格があることを確実にするために、同社の公式な構造化データの要件に従うことを推奨しています。

このトピックについては、#AskGoogleWebmastersビデオシリーズの最新版で次の質問が取り上げられました。

「[実行]Google Developersサイト(必須/推奨プロパティを含む)に従って構造化データを使用する必要があるか、またはDevelopersサイト以外のSchema.orgのプロパティを使用することはできるか。」

これに対してミューラー氏は、Google Developersサイトにリストされていない構造化データプロパティを使用してもまったく問題はないと言います。Developersサイトにリストされている構造化データは、Googleが公式にリッチリザルトとしてサポートしているもので、ウェブマスターが利用できる他の多くのタイプがあります。

そうは言っても、Googleでウェブページをリッチリザルトとして表示することを目的とするのであれば、同社の公式要件に従うことを強く推奨します。

構造化されたデータを使用することは、Webページがリッチリザルトとして表示されることを保証するものではありませんが、単にリッチリザルトとして表示される資格があることを覚えておいてください。

Googleが正式にサポートしていない構造化データ型を使用するかどうかは任意ですが、使用することもできます。構造化されたデータがリッチリザルトの形式でサポートされていなくても、Googleがコンテンツをよりよく理解し、それに応じてランク付けするのに役立つ。

ミューラー氏は次のように説明しています:

「構造化されたデータを単独で使用して、マシンが読みやすいコンテキストをページに提供することは、いつでも歓迎されます。これは常に目に見える変化をもたらすわけではありませんが、それでも私たちのシステムが関連する問い合わせのためにあなたのページを表示するのに役立ちます。」

【関連記事】