• HOME
  • CATEGORY
  • SEO
  • Google検索で過去最大級の大型アップデートか、SEO順位変動の報告相次ぐ(8月10日)
Google検索で過去最大級の大型アップデートか、SEO順位変動の報告相次ぐ(8月10日)

Google検索で過去最大級の大型アップデートか、SEO順位変動の報告相次ぐ(8月10日)

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

米国時間の8月10日にGoogleの大きな検索順位変動が発生しているようです。

 
少なくともまだGoogleによって公式発表されているものではありません。

しかし、昨日の午後2時(東部標準時)から、SEOコミュニティ内で順位変動に関する議論が活発になっています。

ランクチェックツールはまだ更新されていませんが、徐々に反映されてくるでしょう。

今回は、SEOコミュニティ内でで過去最大級クラスとの見方が強く、Googleのペンギンやパンダのアップデートと同じくらいの検索順位変動が見られているといいます。

これがGoogleの大規模な検索バグなのか、Googleが検索におけるランキングアルゴリズムのアップデートによるものなのかははっきりしましせんが、検索順位の大変動は事実のようです。

おそらく昨日の午後2時頃(東部標準時)に始まりましたが、午後5時頃(東部標準時)以降にSEO担当者たちは気づき始めたようです。

通常、Googleのアップデートでは、完全にロールアウトするのに時間がかかりますので、まだ実施中であるとのコメントが多くあります。

今回のGoogleアップデートと思われる変動は、世界中のSEOコミュニティで活発に議論されており、日本もその例外ではありません。

繰り返しになりますが、Googleの公式発表は日本時間の8月11日9時時点ではありません。

バグかもしれませんし、Google検索ランキングの新しいリリースかもしれませんし、もしかしたら他にも何かあるかもしれません。

Twitterでの反応はこちらから。

MARKETIMES Twitter公式アカウントでアンケート実施中なので、ぜひご回答ください。

回答していただけるとみんなの回答がチェックできます。

2020年8月11日13時時点で、ランキングが元に戻っている報告も出てきています。

ジョン・ミューラー氏のコメント(2020年8月11日 13:42)

Googleの ジョン・ミューラー 氏がこの騒動についてコメントしています。

はっきりとしたことは言えないが、不具合だったことを示唆しています。すでに不具合は修正されているとしています。

ただし、明確な言及は避けています。

以下、更新情報があります。

 

【参考】

【関連記事】

同じカテゴリーの記事